iPhone5使用中

手に入れてから一週間が過ぎたiPhone5。一通りの弄りが終わり、実使用での体感をまとめてみる。同時に機種変したdocomoのXperiaの感想も添えて。

120930_Title



まずは通信品質に期待した iPhone5 by au の実感。今までのiPhone4Sと同じ通勤経路、会社のビル内の様子、などを。
結果をすんなり白状してしまうと、『期待し過ぎた』という感想である。会社のビル内の感度はsoftbankの方が良かった。というか、auの場合この場所では通信仕様がコロコロと変わってしまう状態だった。
というのも、iPhone5の左上に表示される部分は、

120930_LTE

という表示でLTEで通信していることが判る。これが今までの3Gでは、

120930_3G

3Gと表示されるので判る。しかしこれは?

120930_MARU

トイレの個室なんかに入るとこんな○の表示になる。これは何かと調べると、GPRS/1xRTT の通信業者であることを示す、とあった。それ以上調べても良く判らない内容だった。要するに通信をする電波の仕様の内、auが用意している方式を自動的に切り替えているようだ。この○の表示ではデータ転送が遅くなるという。
この3種類がビルの中だとクルクルと切り替るのである。すなわちどの電波でも不安定な状態と言えると思う。
auに期待した通信品質の中でビルなど建物の中でも通信できる、という期待感はあった。でも会社のビルの中では、それが満たされない結果となった。

120930_iPhone5_Finish

しかし、LTE通信できている間は、確かに速かった。でも自宅付近ではLTEにならない。エリア確認するも市名単位での可否程度しか明らかになっておらず、地図でのエリア表示になってないからどこがどうだと把握し難い。softbankでの表示もそのようだから、この域帯の特性上、表現のしようが無いのかも。。

という状態であり、ほんの少しの利点はあったものの、従来(softbankのiPhone4S)よりは普段使いでは劣る結果となった。でも、後悔はしていません。もうすこしauでの利点を探し続けてみよう。ワタクシ的にはsoftbankのイメージは良くないんです。大胆な施策が誤解を生むと判ってながら展開してしまう、とか大人な企業には感じないのよね〜。

あとの最大の関心事は、テザリングですが、これはまたの機会にやろう。家の無線LANの影響が出ない外での実験をしてみたい。それもLTEを捕捉できる所が良い。などと思っているので、いつになることやら。。

さて、もう一つの手なずけるアイテム、docomoのXperiaだ。その裏にはGoogleとAppleの対比。AndroidとiOSだ。前回の印象通り、というか、今までApple製品を主に弄っていたからだろう、Windowsと同じようにAndroidに対して ? (疑問) の念が強い。例えば設定のユーザー補助で文字表示を大きくすると、

120930_Large

電話帳から相手を調べる画面で、『グループお気に入送信履歴受信履歴』と各タブ名称が繋がってしまう。

120930_Normal

標準の文字大きさならこのように何の問題がないのだが、文字を大きくして読み易くなったと思いきや、どうなっているのか判別できない事態に落とし込まれてしまう。
さらに、おやっ!? 的な事象が多い。例えば、アイコンに数字などが追加されて表示される機能。

120930_Xperia_2

この黄色い枠に囲んだアイコン。メールのアイコンに数字の赤マークがつけば着信したメールの数だ、着信がある! って判るようにしているのはiOSも同じ。その上のPlayストアのアイコンにも赤マークがついてる。けど老眼の目には赤マークは識別できてもその中に書いてあるのが数字か何かは判らない。すなわちその赤マークは何を表しているのか意味が判らない状態である。何かそこに変化が起きた、とは判断できるけど、どうすべきか判断に迷うということだ。別に罠に落とし込まれるワケでもないから、さっさとタッチしても良いのだろうけど、今の世の中、判らないことに簡単にタッチしては危険だという観念ができつつある。まぁ〜一度経験してしまえばど〜うってことでもないんですが。。
で、もう一つ。そのメール・アイコンに着信のマークが付いたので、タッチして受信メールを開くも、その画面にある受信メールの項目には着信数の表示は出ていない。アレ!? 無い!? でも確かにアイコンには着信マークが付いている、小さくてよく見えないが(1)と数字が出てる。。何回かいろんな所をタッチしてようやく判りました。アイコンをタッチして受信メールを選択して出て来る画面の一番下に『メッセージS』があり、そこに(1)と着信数の表示があった。ならその前の画面の『受信メール』の項目に(1)が付いていれば、いろいろ探すこともなかったろうに。。

という不満である。この程度のことだったら騒ぐ方がオーバーだと思うかもしれないが、Appleの製品ではあまり体験することが無いのであえてピックアップしてみた。Apple信者が言うことだから、ヒイキ目であることには異論はないが、一度Appleの製品を触るかして比べてみると判ってもらえると思う。

120930_iPhone4S

まだ通勤電車の中でiPhone5にお目にかかっておらず、iPhone4(S)のステンレス縁取りの強烈な質感に心奪われているワタクシが居ます。

BlogTopへ戻る