モニター等、到着

この5日の土曜日にInternet発注した、モニターとバックアイ・カメラがようやく到着した。9日のことであり、『ようやく...』とは、それなりに理由がある。



Internetによる物品発注も珍しい事でもなくなり、ひと頃より抵抗感も薄らいできていると思われる昨今だが、初めて取引(いや、それほど大袈裟な事でもなく、単に個人発注だ)する相手であると、一抹の不安が過る。
今回のモニター・カメラの発注は、両方いっぺんに揃えた方が何かと便利と思ったので、価格は最安値というワケでもなかった。何が何でも安ければ良い、という単純判断ではない。時と場合によってその判断は変えることになる。例えば納期だとか、安心できるお店だ、とか。。

で、今回はちょっと不安が増長されたケースであった。発注した後に例の如く、注文受付のメールが届いた。これも一般的な自動発信メールであったが、その文章には、
『お取り寄せになる場合は、別途メール連絡します』
『発送した時点で、発送伝票の番号をお知らせします』
とあった。
故に、今週の月曜日(7日)から頻繁にメール・チェックが始まったのだが、昨日(9日)まで何のメールもなく、イラつきだしていた。土日はお休みとしても、月曜日には在庫がなければすぐに連絡があるハズだ、その連絡が無い、ということは在庫は有るってこと。。ならば、火曜日には発送されるハズだ。だがそのメールは水曜日にも無い。。
だんだんと疑念が生じてき始めた。今日(9日)いっぱいに何の連絡もなかったら、こっちから連絡してみようと。
で9日、会社から帰ってみると、梱包された商品が届いていた、ってワケ。。

連絡する、って書いていたのだから、それをちゃんと守ってほしいのだ。届いたからいいでしょ、は通じない。
元来Internet商取引は、双方の実体が掴めない所での取引である。その取引の状況、進行を掴むエビデンス(=証拠)は一般的にメールである。そこに記載されている内容は繰り返し読まれ、発注者はその内容通りに履行されることを求めている。というより、それしか拠り所が無いし、その通りに進行しているか? で良し悪し(相手を信用するか否か)を判断する。

この感覚は間違っていない、と思う。お店側にもそれなりの事情があるのだろうが、多分にその取引方法にマヒしてしまっている感があるのでは? と邪推する。こちら側はそう頻繁にInternet発注をしているワケでもないので、まだウブな状態==まじめでビクビク姿勢でいる(ハズ)。
とかとか、幾度もInternet発注しているワタクシも、今回の例が『たまたま』である、と信じたいが、そう言えば大手の販売店への発注でも、この『発送しましたメール』無しで、突然に商品が届けられたケースもあった。今回は、まだ見知らぬ相手への発注であったから、ことさら不安が高まったのだ。
約束は守りましょ


さてさて、届いた品物はこの二つ。パッケージは全て英文字であり、製造国の表示はどこにも無かったが、明らかに東洋某国製といった雰囲気。。


モニターは7インチ、TFT液晶、台座付き、リモコン付き、である。これはヘッドレストなどに埋め込んで使用することも考慮した、埋め込み用部品も同梱されている。
が、注文した時の製品と違うような。。自分の発注ミスか? 今から確認するにもキーとなるメーカー名がアヤフヤだ。。しかも現在は価格も変動しているようにも。。
ちょっとヤミの中に入った感じ。なんかいかにもマイナー商品・商売の混沌とした世界か〜。。



こちらはカメラ一式。


小さくて目立たない、防水性というフレコミのモノ。自分的には出来るだけ隠そうという意図は無いのだが、カメラの視野角が水平方向150°と比較的広い点が買い、であった。

そしてモニターに付属の台座。


金属製と思っていたのだが、樹脂製であった。これをモニターの車体取付けに流用しようとも考えているのだが、樹脂製ゆえにちょっと不安になった。それはもう少し現物を良く観察してから決めよう。走行中はモニターを見ない(いや、見えない!)のだが、ブルブルと振動するのは、ミットモ無い。。
いざとなったら市販の雲台を購入しても良い。とにかくどう付けるか、うまく画面位置を調整できるか、を熟考しておかねば。

ということで、モノはほぼ揃った。次の土日には仮の通電をして機能などの確認や、取付に必要な材料などの仕込みをして、取付ける時は一気に完成するよう段取りをするつもりだ。

この手の液晶モニターなどはいろんな種類のモノを入手出来る環境になった。それだけに商品も取扱い店もピンキリに乱立している世界だ。さて、第一関門『入手』はなんとかクリアした。次は商品の『出来』は如何か? だ。そしてその次は『耐久性・実用性』だ。はたして如何に、すでに引き下がれない状態だが。。

BlogTopへ戻る