MacBookAirはどうだ?

ようやく今日の朝になってMacWorld2008でのApple新製品が明らかになった。その新製品発表の中に、噂のMacBookもあったのだが。。


正直、その発表は全体的に少しガッカリした。そのガッカリ度は、日本人だから、という注釈が必要かもしれない。ガッカリ度の大きな点は二つある。一つは発表となったMacBookAirについてである。

その特徴は『薄さ』にあると言うが、本体の薄さのメリットがイマイチ実感できない。物理的に考えれば、薄い=体積が小さい=重量が軽い、となり手で持ち運ぶことが前提となるノート型では軽くなることは大きなアドバンテージにはなる。
が、寸法が『薄い』ことのアピールは、使用上でどれほどの利便性が増すのか? 鞄に入れた時の容積が小さくなる、キーボード操作時の腕の位置が低くなる、程度しか思いつかないのだが。。

もちろん薄いことでの驚きというかデザイン上はアイ・キャッチにはなり、見る者の注目度はあるのは確かだが、それを使う時の実用的なメリットが思い浮かばない。。
逆に薄いからこそ、その筐体の弱さが露呈してしまわないか?と不安もある。特に液晶ディスプレイの部分は鬼門である。間違ってもその部分を持ってMacBookAir全体を持ち上げたりはしないほうが良い。軽いと言ってもモーメントのかかり具合によっては、変形しないまでも撓む(タワむ)からである。その撓み量に液晶部材が追従しないはずだから。。

iPodのようにシャツのポケットに入れて持ち運ぶモノには、この『薄い』ことのメリットはある。が、薄いといっても、このMacBookAirはポケットには入らないのだ。鞄の大きさも厚みは必要なくてもそれなりの大きさが必要だ。
ポケットに入らないまでも、MacBookほどの大きさよりもっと小さい(もちろんディスプレイも小さい)PDA+αほどの大きさなら、話は違ってきたのだが、この辺が日本人だからこその期待値であったと思う。体が大きく生活エリア、調度品類も大きい環境のアメリカ人には既にMacBookの寸法は十分に小さい部類に入っている、と思っているのだろうが。。もしもっと小さいとなれば、それを使うシチュエーションも変わってきて、現MacBookとは違う使い方を探し始める発想が生まれるはずだ。残念ながら薄いだけで現MacBookとの置き換えは『新しい』という点以外に理由は無い。

と、かなり批判的な内容になってしまったが、もちろんその新しさは『薄い』だけではない。トラックパットが例の指タッチ対応になり、新しい操作感を味わえるはずだ。また、HDDでないソリッドステートの記憶装置の機種もある。

が、さて、それにしても、これがほしいか? というと微妙である。そもそもノート・タイプの機種の使い道が狭いことも大きな理由である。今はPowerBook G4を会社に持ち込み、Win機しかない環境で、一服の清涼剤代わりにウィークディ・毎日使用している。そこをMacBookAirに置き換えても、目新しさ以外に変化点は無い。ましてや街中のフィールドでMac機を使う用途も無い。いつかあるかもしれない出先でのMac使用に備えているだけだ。これがセカンドバッグに入るほどの大きさであれば、ちょっとした買物での外出時に使うアテもないのに持ち運び、喫茶店での一服時にネットサーフするぐらいの使い方はする。ちょうど今のiPod touchの使い方と同じである。このiPod touchよりもう少し画面が大きければ。。
とはいえ、実物を見たり触ったりすれば、一気に『欲しいゾ度』がレッドゾーンに飛び込んでしまうかもしれない。確かに見た目では物欲がフツフツと煮え立っている。。

ということで、今回のMacBookAirの購入はとりあえずパス、であるが現PowerBook G4の代替え候補としてマークしておく、に留まる。ちょうど息子が同じPowerBook G4を買い替えようとしている時なので、願わくば、彼がこのMacBookAirを選択するのを期待するところだ。

さて、今回のガッカリ度二つ目は、iPhoneの日本での発表がなかったことだ。今年中には発表がある、と明言されているから、無くなった話ではないと思うが、どこのキャリアになるのか興味はあった。日本のMacファン全員が発表に期待があったのでないだろうか?
NTT docomoとsoftbankの2社が候補に挙っているが、できれば家族全員が持っているdocomoになってほしいところであるので、もしsoftbankになった際の対応策を模索する予定であったのだが。。
このiPhoneの世界展開でもApple主導のビジネス展開で多少ギスギスしているようだ。たぶん日本のキャリアはその対応に苦慮している、というかビジネス手法の有効策が見つからず踏み切れていないのかもしれない。ここは良心的・正義的にと見えてしまう東洋人のMac党のAppleイメージ以前に、アメリカンな企業の『我在りき』的な押しの強さに戸惑っていると推測するのだが、どうなんだろう。。

全体的に期待値からトーンダウンしたキーノートで、特に日本向けにはアピール度が低かったと感じたのだが、どうやらこのキーノートによってAppleの株価が下がった、との情報もある。事前に色々と憶測が飛び交い、無限の期待値だけがテンションアップしていた反動とも思えるが、ひとつ嬉しかったこともあった。iPod touchのファームウエアのアップデートがあり、使える機能が増えたことである。

では、さっそくiTune Storeに接続してお金を払って、ダウンロードするとするか。。

BlogTopへ戻る