Poserでモノを回転させる

過日の『冷蔵庫の扉を開ける』では、恥ずかしい思いをしたリベンジで、昨晩から今日まで集中して激しく、回転化のトライアルをした。で、こんなところですかネ? と辿り着いたようだ。



今回は単純なフタが開くボックスを用意して、このフタ(Lid)を開閉させてみようとする。


まずはmodoでモデリングをし、一応パーツ設定、マテリアル設定を済ませたモノをOBJ化しPoserに読み込む。



で、さっそく『セットアップ』ルームに直行だが、これまでに色々とWebで調べた範囲だと、Poserで本格的に可動物を作り上げようとするには、Poserで言うところの『Figure』にすることが本筋のようだ。すなわちボーンを組み込むことになるのであるが、いずれボーンを使った本格的なモデルも作るであろうから、この際その入り口に入るべく馴れておこう。。
セットアップ・ルームでボーンを生成するには、このボタンを選択すれば良い。


これを選択した後に、ボーンの根元にしたいところをクリックしそのままドラッグでボーンの終点にしたいところでクリックを放せば良い。そして次にボーンを作るとすれば、放したところでまたクリック・ドラッグすることで2つ目のボーンが作られる。すなわち2つのボーンは連結されて生成される。


このボーン生成位置は3次元空間でクリック・ドラッグすると座標点が思わぬ位置で生成されることになるから、ビューは2次元表示した状態で行った方が無難であろう。後でも位置修正は可能だけど、出来るだけ無駄な作業はしたくないものだ。例えば、このように側面ビューで行えば、そのボーンはモデルの奥行き方向中央に出来上がる。
今回はLidだけを動かすのだが、Bone1とBone2の2つを生成する理由は、このモデル全体をひとつのFigureとするには、動かない部分もFigureのパーツとして認識させておく必要があるからだ。トライ&エラーの時に、ボーンを一つだけにしたり、後からいらないボーンを削除したりしたら、色々と不都合が発生した。その不都合回避のワザもあるかもしれないが、まずは初心者なのだから、あまり考えないで全体像を理解してからアレンジしていく方法が得策だ。
で、生成されたボーンに対応する部分(ポリゴン)を関連つける必要があるのだが、『グループ編集』のボタンを押して現れるダイアログ中に、生成したボーンが現れない。。


modoでパーツ設定した時の名称が現れるだけである。そこで、ビューで見えるボーンの1つをクリックしたら、2つのボーン名称が現れた。


このボーン名称(bone_1、bone_2)が表示されるようになるトリガーは何であるか不明だ。これが現れないと先に進まないのであるから、知りたいところではあるが、その解明も後にして進めよう。
この各ボーンに対応するポリゴンを選択する作業になる。ボーン名を表示した状態で、ビュー内でポリゴン部をクリックすると赤色に変化し、対応ポリゴンが選択された状態になる。今回は単純な形状でポリゴンは少ないので、一つ一つクリック選択しても苦はないのだが、これがポリゴン無数のモデルだったらどうするのだろう。。ダイアログにある便利そうなコマンド・ボタンがあるので、きっとこれらを使うのだろう。


ちなみに、Macの場合であるが、間違って選択したポリゴンを選択解除するには、『command』キーを押してクリックすれば解除できる。
という作業を終えて、ポーズ・ルームに戻りパーツ選択部を見ると、


このモデルは『フィギュア』という名称になり、パーツ構成としてボーン名が現れている。もちろん、その下の『ボディ』を選択すればモデル全体を選択していることになる。見慣れたフィギュアの構成そのものだ。
で、さっそくbone_2のLidに相当するパーツを選択し、X軸回転のダイアルを回してみるが、


Lidは動くが、動いてほしくない本体部も連動して変形されてしまう。おまけにLid自体も回転に応じて変形してしまう。。これはきっとボーンが動くに応じて周辺をデフォームさせる影響範囲が大きいからだと考え、色々と球体云々のパラメーターを弄るにも思わしくなく、ここで散々手を焼いてしまった。
結局判明したのは、連結パラメーター編集ダイアログにある、


『ジョイントの順序』の『標準』から『カーブ』に変更することで正常になった。が、それがどんな意味を持ち、どんな場合に使い分けるか? 本質は判らない。とりあえず発見した、という感じだ。
この『カーブ』に変更すると、


というコーションが出るが、かまわないで進める。そしてパラメーター・ダイアログの下の方に『カーブ』というパラメーターが現れる。その値は1.0がデフォルトであったが、


『0』にしても変化はなかった。これは一体何を司っているのだろう。。またまた宿題だ。←5月25日追記 : いや、『1.0』ではLidがほんの少し変形していて、『0.0』にして直ったのであった。

という宿題が今回も出たが晴れてLidはイメージ通りに動くことになった。


宿題といえば、前回の宿題である、回転の可動範囲の制限を加えなくてはならない。回転パラメーターの詳細を表示するダイアログで、最小・最大値を書き直しても、効かないからだ。

 

その規制の方法を見つけるのにも時間がかかった。結局これはこのFigureのファイルである○○.cr2の記述内容をテキストエディターなどで直接書き換えることしかないようだ。


Lidに相当する部分の『forceLimits』のデフォルト値『0』を『1』にしてリミットを有効にする。こうして書き換えたcr2ファイルを再びPoserを立ち上げて読み込むしかない。
実は今回の回転化のためにと、かの有名な『CR2Builder』アプリも入手し、馴れないWinOSで使うこともしたのだけど、Poserの達人、いや3DCG使いのプロ級な人はこれらのアプリや、コードを直接打っていると実感したワケ。なんかプログラミングに通じる作業のように思えて、ワタクシなんかにはビジュアルに扱える3DCGアプリ上で操作するのが精一杯なのだけど、これもいつかには到達しなければいけない領域なのかも。。

ということで、宿題も終えたし曲がりなりにもPoserのFigureが出来た。が、そのcr2ファイルの中身を見ると、文字化けの部分もある。Poser日本語版を使っているからだろうし、文字コードが適切でない可能性もあるが、例えばこのファイルを他人(Winな人や、Poser英語版の人)が開こうとするとダメなのかも。。
そういえば、Poserの通な人は間違いなくPoser英語版を使っているようだし。。この辺の日本語文字が入ることを避けているのかもしれない。
このFigure化をもっと洗練されたモノにするには、もっと手を入れる部分が多い。例えばLidの動きに不要なパラメーターもそのままだし。


使わないZ、Y軸回転パラメーターが残っているので、こんなことにもなる。出来ればこれらのパラメーター自体をダイアログから削除してしまいたい。
やはり、直接コード編集や多機能な『CR2Builder』を使いこなして、Win版英語版のPoserを使うのがベストなのだろうか。。英語版は良いとしても、Mac党としてはMacに拘りたいところだ。そうそう『
Poser Maconstructor』って〜のがあったような。。(PPC Machintosh、MacOS9まで、classic環境では作動しないかも。。)

BlogTopへ戻る