今度はiPhoneでGoogle

TVのコマーシャルで、携帯電話に話しかけて検索したり、翻訳をするというモノがあり、それはAndroid携帯だったと思うが、iPhoneだって同じ機能が提供されているのである。



それらの機能は、Googleによって提供されているのであって、Android OSを提供しているGoogleだから、Android携帯電話には当然に音声認識検索、翻訳が搭載されている。それとほぼ同様な機能を持つiOS用のアプリもGoogleから提供されているってワケだ。しかも無料である。
その内、最近になって提供が始まった『Google翻訳』をインストールし、弄ってみたのでレポートしたい。

まず立ち上げると、(ちょっと待たされるけど、、)


このようなホーム画面になり、何語から何語への翻訳なのか、翻訳したい語句(或は文章)を入力することになる。



文字入力か音声入力かで、『日本語』から『英語』への翻訳となる。ここでは音声入力を選択してみる。


するとこの画面になり、そのままiPhoneに向かってしゃべるだけで良い。ただし文章など長めの話しだと、途中の発音途切れで自動的に収録をやめてしまう場合もある。短いセンテンスで一気にしゃべる必要がありそうだ。


例えで『勉強する』と発音すると、音声の解析をした後、認識した語句が翻訳元のエリアに現れ、と同時に翻訳結果も表示された。そこの左端にある『発音』マークをタップすれば英語でしゃべってくれる。女性の声であった。
上の星印のマークは、これをタップするとこの翻訳結果をメモリーできることになる。


して、このスター付きのアイコンを選択することで、マーキングされた語句が現れる。すなわち良く使う語句をストックすることができるというワケ。
そして『文字拡大』をタップすると、翻訳結果が画面一面に拡大される。


この拡大は、iPhoneを横向きに傾けることでも実行される。外国人に伝えたい言葉を翻訳し、そのままiPhoneを横向きにして相手に見せる、という流れで利用するのだろう。横向きにした方が文字が大きく見えるので、理にかなった方法である。

で、どれだけの言語に対応しているか、というと、、


全く縁のない言葉までカバーしている。母国語を除いて57カ国語、発音対応は23カ国語にもなる。世界旅行したって問題ないだろう。
翻訳専用のガジェットにはかなわないかもしれないけど、携帯電話一つでここまで出来るとは便利な世の中になったものだ。

けど、これを実際に活用する時は来るのだろうか〜。今の所、どこにも行く予定は無い。。

BlogTopに戻る