フリー配布 第二弾

先週に引き続き、Poser用Propのフリー配布その二回目をしてみた。今回も会社事務所風景に良く見る書庫 (英語ではLibraryと言うよう) である。使用目的に応じて二種類のモデルを同時にリリースである。



御陰さまで先週リリースした『Office Room』はこの一週間 順調にダウンロードは進んでいるようで、アリンコの腕力ほどのお力には役に立ったのかな? と想像している。その勢いを失う前にシリーズ的にPropをリリースする計画だった。
で、今回は『書庫』という什器である。外国の事務所にこの手の什器が一般的なのか定かではない。まぁ〜ロッカーのたぐいと勘違いされても構わない。とにかく興味を持ってもらい、ダウンロードしていただければ、まずは目的達成である。
アップロードに際しては、二回目ということで概ね短時間で準備が出来た。相変わらず英文のreadmeテキストとプロモ画像は貧弱であるのは、もっと時間をかけないと上達しないスキルだ。(と開き直って、どうする。。)

Full版とライト版の二種類を同梱した。Full版は左右の扉を開け閉めできる。ライト版はそれが出来ない何も可動部がない状態だ。


Full version

左右の扉は本体とは別のPropとして取り込まれており、本体とは親子関係にしている。全体を移動させる際は『ボディ』を選択してほしい。仮にどちらかの扉を選択した状態だと、何も起こらない(動かない)ハズだ。扉の原点をヒンジの回転中心に移動させ、Y軸回転のみを有効にさせた状態になっている。もちろん0〜170°くらいの範囲内の回転規制をしている。


Light version

Fullバージョンひとつでもいいかな? と一瞬思ったのだが、壁沿いにたくさん並べて使いたい時に、動かす予定もない扉の機能があっても煩わしいだけ。。そんな使い方の時は外観だけの方が扱い易いハズ。それを作る手間もFullバージョン・タイプからいらないポリゴンを削除するだけだから。。ということで軽量版を追加であった。


たぶんこの書庫単体の配置ではなく、このようにたくさん配置することを想定している。実際の事務所もそうであろう。四方全部の壁になんらかの什器が置かれているハズである。
この二つをライブラリーの『Props』に放り込んで、軽量(Light)版をひとつ読み込んだ後は、メインメニューの『複製』を使って増殖していく方法が便利である。


これを選択すると、元のPropと同位置に複製物が出来るので、そのままX移動かZ移動のパラメーターを動かせば『有体離脱』的に(笑) 動かせるので手間が省けるハズだ。

これでまだ二回目の配布である。一回目より短時間ではあったアップロードの準備と配布であったが、実のところ、まだちょっとドキドキ感もあった。前回同様に『sharecg』にアップロードし、そのリンクを『Renderosity』の『Free Stuff』に掲載している。


このようなサムネイルが掲載されているハズである。リンクを貼ったので覗いてみてほしい。ダウンロード・ボタンを押しても直接ダウンロードは始まらずに、『sharecg』のこの掲載サイトにまずは飛んでいくので、ダウンロードできるのは、そこでまたダウンロード・ボタンを押す事になる。二度手間になるかもしれないが、それぞれのサイトで寄り道するのも見聞の内では?
ということで、これからも配布を続け、週一のペースでアップロードできるよう、自らにプレッシャーを与えようとしているところです。。

BlogTopへ戻る