iPhoneでradiko

以前のエントリーでIPサイマル・ラジオ配信について取り上げたが、その時にはiPhone 3Gでの聴取ができなかったのが出来るようになった。それは当事者(サイマル協議会)が用意したものではなく、サードパーティからのAppによってである。



それはこの4月6日のこと。アップルのApp Storeから『radiko』試験配信聴取を可能にする2つのアプリが同時にリリースされた。さっそくにダウンロードであった。


App Storeでのスクリーン・ショット


この『ラジ朗』と『iRadiko』。共に無料配布であった。その一つ『ラジ朗』を最初にダウンロードして聴いてみる。




聴取できる放送局は地域によって制限されるようで、それはパソコンのブラウザで聴取する場合と同じ。このチャンネルで局を選択すると、


現在放送している番組名が表示され、スピーカーから音が流れ出す。このアプリの場合は画面下にボリュームがあり、そこで音量の調節ができる。
もうひとつの『iRadiko』アプリでは、このボリューム調整がソフトウェア上では実行されずiPhone本体横にあるボリューム・スイッチで行う仕組みになっていた。



このアプリの登場によって、それこそ『いつでも』、『どこでも』ラジオが聴ける状態になった。もちろん究極のモバイル機器であるiPhoneで実現できる意味の方が大きい。。もちろんハンディなラジオ・チューナーを持てば以前から出来ることではあったが、今時 単機能のチューナーを所持することはマレであろう。そしてラジオ機能付きの携帯電話も珍しくもない時代になったから、いまさら『なんだヨ』、的に部分もあるが、IP (Internet Protocol)による配信である点に新しさがある。それは電波で一方的に流されていた状態から、双方向に情報のやり取りができるとか、その情報の分析活用でよりユーザー・ニーズに近寄った番組制作ができるとか、メリットも多い(ハズ)。

がしかし、このアプリが配布された翌日の7日に、その内のひとつ『iRadiko』が使えなくなった。そしてApp Storeからもダウンロードできなくなっていた。サイマルラジオ協議会によるセキュリティ強化による処置だという。(ラジ朗は大丈夫だった。。)
協議会のお知らせでの説明では、
●本来 都市部を中心とした難聴取の解消を目的としたもの
●実質的な放送エリアに向けた試験配信という枠組みで、利権者、広告主などの理解を得たもの
●エリア外での聴取可能が一般的になると、実用化が危ぶまれる
とあった。今一 部外者(一般聴取者)には釈然としない説明内容だが、マスコミの取材では『これを(radiko)を利用して利益を得る』、ことに対する処置、ともある。


確かに『iRadiko』にはこのように広告が表示されていた。その上の『Tokyo』『Osaka』の地域選択で、Tokyo地域内のワタクシの場合、Osakaを選択してもエラーになって聴取できなかったから、この広告の件が問題だったのだろう。言わば他人の店で商売するようなもの、いや、普通の家の中で他人が商売するようなもの、だから普通の家(協議会)としては迷惑だったと想像する。

しかし、協議会の説明には判らないことが多い。。エリア外での聴取が何故悪いのか? 確かその説明では『そもそもラジオ放送はローカルなもの』との説明があったと記憶する。放送電波が届く範囲での番組構成・内容であることは理解するが、それが全国区で聴けて実害が発生するのか? 例えば流している情報が他地区では意味無い場合のクレーム発生や、聴取者プレゼントの応募範囲が広がってたいへんだとか、広告主から得る広告料も、地域限定の料金から全国版になって広告料を高くしなくてはならない、とか。。ビジネス上の利害がからんでいる、としか推測できない。その利害のバランスが崩れることで実用化に支障が生じる、ということか?

ユーザー側としては、その裏事情まで知っておく必要もないが、せっかくの新しい試みであるから、従来の商慣習も見直して新しい枠組みを模索してほしいものである。
ラジオが万人にとって楽しいものになる、ことが究極の目的であろうし、聴取者が増える、聴く機会が増える、ことが当事者側の目的だろうから、殻を破る決断と将来への布石にもっと前向きになってほしい。協議会側もiPhoneなどのスマートフォンに対応するプログラムを検討しているというが、第三者がその間隙をぬって実現してしまったのだから、なおさらスピードアップが必要。実用化時に実現では遅い。ラジオを聴く多様性を実用化前に計る機会でもあろうし。。
なにはともあれ、ラジオを聴く機会が増えた今日この頃ではある。

BlogTopへ戻る