iPhoneどうにか、、

買うか、買わぬか、まだ心の中の余震が続く。が、確実に『買う』方向に近づいていることは確かだ。
←←書体を似せてはいるが、正規ロゴではありませぬ


ソフトバンクからの発売発表、WWDC2008でのプレゼンテーションという大きなイベントが冷めやって、冷静になりつつも、フツフツと物欲のみがムクムクと頭を持ち上げてきている。これまでにiPhone 3Gに関するWeb上の紹介記事はほとんど目を通した。そしてまだ詳細不明なスペックはあるが、そのiPhone 3Gを取り巻く環境にも目を配っていくと、Appleが提案する新しいライフ・スタイルも視野に入って来る。
そこで、こんな図式を作成し、これを毎日眺めて自分の気持ちの整理をしている。


図にするまでもなく、現在の自分の携帯電話の使い方と、既に所有しているiPod touchの使い方を、iPhone 3Gの1台で実現できる世界を想像しているワケだ。不思議な事に、このように判断すべき事象をビジュアルにして眺めると、心の底にモヤモヤとしていた『したいこと』、『やりたいこと』が鮮明に浮き上がってくる。
いや単に欲望を掘り起こしているだけなのかもしれない。実現するのに障害となることを、その欲望の大きさでカキ消してしまう儀式、手法でもある。
例えば、前回のエントリーでは『2つの携帯電話は不要』だ、と冷静に判断はしているが、経済的に現状と大差ない範囲なら、2つあってもいいではないか〜、、と。

で現時点では、今の携帯電話で実現している、車に搭乗中のハンズフリーがBluetooth通信にてiPhone 3Gで機能するか? 携帯電話をモデムにしてBluetooth通信でPowerBook G4からInternetに飛び出せるか? が大きなハード的なハードルである。
その辺を少し調べると、iPhoneが持つBluetoothのプロファイルに『HFP』は備わっているようで、車でのハンズフリーがカーナビ経由で可能であることが判った。これは既にiPhoneを所有している人が実証しているサイトがあったので、確かだろう。
あとはiPhone 3GをBluetooth通信でモデムにすることができるか? であるが、これには『DUN』というプロファイルが実装されていないとダメのようだ。これはまだ確認できていない。かつモデム・スクリプトも用意されていないとダメに近いのだが、どうもソフトバンクを含め国内のキャリア側でMac用のスクリプトを用意することは無さそう、なのが辛いところだ。でも世の中には熱心でプログラム作成に長けたMac党員も数多くいらっしゃるので、いつかはモデム・スクリプトの実現は期待できる。(ここは他力本願onlyである)


というハードルが残っているので、ここで一気に購入に走る判断にはならないのだが、時間の問題であろう(笑)。7月11日の発売日までには、ソフトバンクの料金体系も明らかになり、購入するという経済的課題も具体的な転嫁処置を考え出すハズだ(笑)。この点は若干メドがある。今では使っていないウィルコムの契約を破棄するのと、docomoのパケット料金体系をキャンセルすれば、ナントカなるはずだ。。

とかとか、既に購入に向けて諸条件の整合性判定の段階になっている。

ところで、冒頭に記したが、このiPhone 3Gを放ったAppleの意図が段々と明確になってきたと感じる。Appleは携帯電話の無線回線を世界規模で確保したと言える。そこを通して、家の中のコンピューター(Mac)のみならず、どこに居ても情報を引き出せる、利用できる環境を作り出した。それはビジネス的には収益源の拡大ではあろうが、ユーザー側にも『どこでも』という利便性を提供しつつである。しかもそれは無線という意識しない接続法で(そうAirだ)。まさにハブを形成する一環だと感じる。
すでにMac対WinというOSの対峙図式は過去のものとなり、社名からコンピューターの文字を外したAppleは、巨人のWinをも取り込んだ、別の世界に羽ばたいている。
この先の世界がどう変わるのか? iPhone 3Gを使って確かめたくなってきたのである。


BlogTopへ戻る