PoserデータをVue6で

せっかくというか、Poserと連携して使う目的で購入したVue6であるから、きちんとPoserデータをVue6上で表示させたい。もちろんネイティブにPoser6データとなっているものは、先の簡単な確認で可能であることではあるが、これがmodoで制作した自作データとなると、ちょっと工夫が必要になる。


これはSuperSevenのヘッドライトをMiki2に持たせたデータをVue6でレンダリングしたものだ。この元データはPoserデータである。Miki2は正常にテクスチャーなど継承されているが、自作のヘッドライト(この絵ではボーリングのボールのように見えるが)の質感は全く継承されていない。

同じように他のPoserデータをVue6に持ち込んで、Vue6側でその質感をいろいろと弄る。


この絵はココで取り上げた絵であるが、SuperSevenのクローム質感の部分を、Vue6でのクローム質感に置き換えようとした。のだが、ご覧のようにSuperSeven全部がクローム調になってしまう。。それ以外にも地面の質感、壁の質感もダメだ。だが、ヘッドランプが置かれている板の質感はOKだ。この違いは何??

課題の一つとして、『Poserデータを部位毎(グループ毎)にVueで選択できるようにする』、二つ目には『Poserでつけた質感をVueに継承する』にはどうしたら良いのか。。

この課題はネイティブなPoserデータ(例えばMiki2など、きちんとPoser用にFixされたもの)は、Vue6の持つ用意されたPoserコンパチに乗るから良いとして、そもそも自作でモデリングしたデータ(PoserへはOBJ形式で)をPoser経由Vue6で質感変更(課題1)、質感継承(課題2)するには、ということだ。既に判っている人には簡単な事、あるいは3DCG全般に精通した検定有資格者などにはCGデータの素性からして推定し、対処する術を知っているとは思うが、素人で独学オンリーの自分には課題としては大きい部類になる。以前からこの課題というか問題には直面しており、現象的には判っていたことであるが、今回はその解決までを試みてみたい。

さもないと、この先、自作データをPoserで、かつVueで弄ることの限界になってしまう。どうしてもVueでも部位毎に質感変更などを可能にしないといけない。。
質感(いや、色)だけの問題なら、modoなどで制作しOBJ化したデータを、Poserで部位毎に質感変更するには、OBJ化する前に部位毎に質感(色)を違えておけば、Poserでその違う質感(色)毎に選択でき、色を変えることが出来る、ことは経験的に判っている。が、今回はPoserでは色を変えられたのに、Vueでは部位選択自体が出来ない、ことを解決しなくては。。

BlogTopへ戻る