これもPush ? 初めてのtouchリセット

iPhone 3Gが登場してから、AppleのクラウドからPush配信が始まったことで、iPod touchでもその恩恵が受けられる。昨日もその場面に遭遇したのだが、思わず手こずってしまった。



そのPush (だと勝手に思っているが) は、例えばメールであると着信したメール数も表示して、このように現れる。



このPushはメールではこれまでに何回も遭遇しているのだが、カレンダーの更新ではこのような表示はしなかった。
昨日はこれと同じような表示が、App Storeのアイコンに現れていたのだ。


で、さっそくそのアイコンをタッチすると、App Storeで購入したアプリにアップデートがある、という。
なるほど、Pushもこのような場面でも生かされているのか、と感心した。


さっそくこのアップデートのボタンを押す。
尚、これは自宅でのiPod touch起動であったので、Air macからのWi-Fi通信で常時接続である。

で、記憶が少し定かではないが、このボタンを押すと、iTunes Store (App Store ?) に接続する画面になり、そのパスワードを要求された。ここから慌てたのだが、いつもMacでの操作ではパスワードなどはキーチェーン (だったかな?)で常時許可の設定をしているので、パスワード入力を省略している。故にパスワード自体が頭の中に記憶されていない。

そのパスワードを記録したモノを探し出すのに時間がかかり、iPod touchはしびれを切らしたのか、その入力画面が消えてしまった。(iPod touchの省力モードに入り、パワー・オフになったか、タイムアウトか?)
慌てて再度電源を入れるも、なにやらアイコン画面がもう一枚追加されて、こんな状態になっていた。


二つのアップデートがあるアプリのアイコンが薄い表示で読み込み中...となっていた。この状態はだいぶ時間が経ってもそのままであり、おかしいと思いダブルタッチしても、一瞬プログレスが回る表示が出るも、何も変化しない。

ではと、iPod touchをMacに接続し、USB接続経由でのアップデートも出来るだろうと、試みるが、


すべてが最新の状態です、と答えられた。
もちろんiTunes側のアプリケーション・ホルダーには、アップデートがあるアプリが表示されており、ダウンロードすべく同調を実行したのだが。。

iPod touchの『読み込み中...』のアイコン表示を停止させたり、消去(強制終了?)させる手段を探すも、何も出来ず。。こうなれば最後の手段、『リセット』である。


リセットにはいくつかの種類というか段階があり、まずは一番軽いであろう『すべての設定をリセット』を実行してみたが、例の『読み込み中...』のアイコンは消去されず、代わりにその二つのアプリ・アイコンの方が消えてしまった(と記憶しているのだが)。。なんともはや、有料で購入したモノを失ったようで落胆してしまったが、こうなれば怖い物無しの心境で、次の『すべてのコンテンツと設定を消去』を実行する。たぶんこれは工場出荷状態に戻す、というレベルだと思える。

iPod touchのこのリセットが終了した後 (2時間ほどかかる、と表示あり実際1時間半かかった)、Macに接続するよう指示する画面が出た。意気消沈の心境ではある。これで購入したアプリも完全に消去されてしまったハズだ。。
で、iTunesとの同調が始まり、あらためてアプリの同調も実行した。この購入したアプリが再びインストールされるか? が一番の関心事である。

結果オーライであった。ちゃんとアプリはiPod touchに新規にインストールされ、かつアップデート版が入った。Internet経由でアプリを購入するダウンロード版では、通常このように再インストールできるのであろうが、なにせ初めての経験であり戦々恐々ではあった。

ちなみにアップテートされた『A Level』は、


設定をより細かく出来たり、例のラジアン・デグリー表示の入れ違いが修正されていた。

という顛末であるが、かつてPalm機でも幾度か経験していた『リセット』を実行するのは、ちょっと度胸がいる。本体を正常に戻すために必要な処置ではあるが、それまでにその本体に蓄積させたデータなどを失う恐怖がある。しかしPalm機もそうであったが、母艦であるMac側などに元データが残っており、それを再び戻す機能が有効に働く仕掛けがあってこそ安心できる。
初めてのiPod touchのリセット、Macとの同調が有効な機能であったことを実証したことになる。まずはメデタシであったが、あの『読み込み中...』表示は何であったのだろうか。。

BlogTopへ戻る