いよいよファイナル へ

SuperSevenのPoser化というか、Poserに持ち込んでの画像制作に向けて、まずは持ち込む前準備となるモデリングと質感設定をしてきた。その段階がまもなく完了する予定だ。
modoというポリゴンモデラーを使い、モデリングとUVマッピングの制作をしてバンプ、ディスプレイスメント・マッピングを用意してきた。その最後に再びタイヤのマッピングをして、揃えるものは揃ったところだ。



苦手意識が強かったUVマッピングも、modoの強力なUV展開ツールの御陰もあり、苦手意識が薄れつつある。そこで前回までの、タイヤ・トレッド部のマッピングに加えて、タイヤ・サイドウォール部のマッピングを加えてみた。メーカー名やブランド名が型で浮き出ている、あの表現にはディスプレイスメントかバンプによる表現がピッタリだ。
今回はポリゴンによるモデリングとは違い、そのUVマッピングにする原画を書く2Dの作業をコツコツとやってみた。もう手順は頭の中にあるから、2Dでの作業に集中し、いかに『らしく』見せる図柄にすべく細かい部分も作り込んでみた。たぶんPoserなりでレンダリングした際は、その細かい部分は見えないかもしれないが、リアル追求者としてはそこに拘る姿勢が大切なんだ。。

  

ついでにUV展開をやり直して、トレッド・パターンがサイドウォールの『肩』の部分まで回り込んでくるようにもした。サイドウォールの図柄はちょっとハデにして、ブランド名もROTOLOと勝手に創造した。(ちなみにイタリア語で転がる、という意味)

 

この他にも、タイヤ・メーカー名やらタイヤ・スペック表示などを散りばめた。日本のタイヤには必ずついている(と思われる)JISマークも必要だが、それはちょっと遠慮して(?) 単純な◎印に止めた。

で、今回トレッド部とサイドウォール部のUVマッピングを一枚のマッピング画とする際に、凸部と凹部の両方があるため、マッピング画像の下地色をグレーで統一してみた。良く先人達の素材をみるとそうしているからだ。アプリケーション・ソフトによっては、凹凸表現のゼロ基準色を設定できるものがあるようで、その色より明るい色は凸、などと明確にできるようだが、とりあえずMacのカラーパネルのグレースケール5段階の真ん中を下地色とした。
実は、以前にディスプレイスメントをかけてレンダリングするとモデルが『太る』現象に気が付いたのだが、今回下地色をグレーにしてどうなるか? 興味津々ではあった。


これはPoserの部分レンダリングをして状態をみた図であるが、グレーにしても『太る』ようだ。そうかもしれない、真っ黒な下地色なら『太る』ことは無いかもしれないが、それよりも明るい色であれば、程度の差はあるものの『太る』ことに違いはないだろう。やはり凹凸の丁度中間となる基準色の設定が出来るのなら、このような『太る』現象は回避されると思うのだが。。
この『太る』現象は、他のポリゴン・モデルと組み合わせる時に厄介なのだ。今回のタイヤの場合、ホイールと合わせることになるが、ホイールのサイズを予めタイヤの『太る』量を推測してサイズを決めないとならない。それが本当に推測値なので、何回かトライ&エラーをしないと決まらない。(何か方法はあるんですかネ〜)

で、ようやくホイールと合体。



この画像は明るめに調整したものなので、サイドウォールの図柄がはっきり判るが、たぶん普通にレンダリングすると、ここまで識別はできないはずだ。
いいんだ〜っ、昔の江戸商人などが裏地にたっぷりと凝ったことと同じ感覚で、『見えないところ』に意地を持つ、という性分さ〜。。

あっさり白状してしまうと、このSuperSevenのモデリングは、まだ作り込んでいない部分もある。たとえば運転席の計器類とか、シート・クッションもまだ無い。『見えないところ』にも云々と言った舌の根が乾かないうちに、出来上がった! とは宣言できないのだが、とりあえず、その部分は見えない構図で一応の完成画像を作っておこう。もうすでに3ヶ月くらいの間、このSuperSevenを題材に遊ばせてもらった。その間にいろいろと勉強もさせられて、一応モデリングのなんたるか、程度は体験できたし実行もできた。その記念碑に一枚これを使った画像を残しておきたいのだ。


credit >> Miki2, Clothing=Miki2 Straight Jeans Set by BILLY-T

BlogTopへ戻る