iPhone4S 予約した〜っ

発表される前から、発表された後でも、買う気持ちの高ぶりも無かったワリにすんなり予約注文してしまいました。何か心の隅にずっと思い詰めていたことがあったのでしょうか。事後説明的にそれを書いてみよう。。

111009_Title



iPhoneは3世代ほど前の『3G』を持っている。その2年縛りも解けたのでiPhone5の噂が出始めた時から、それとなくウォッチはしていた。周りの人が持っている携帯電話はdocomoなので、自慢ではないがこのiPhone3Gで通話したことは皆無!! いや間違い電話で2回ほど着信には応対したことはある。もっぱらデータ通信で出先でのインターネット接続に使うスマートフォンならではの使い方に徹していた。最近はまた勤め出したこともあり、帰るメールをiPhone3Gから発信するという役目を担うことになり、少しは活用度が上がったところである。
普通の携帯電話(そう、docomo)も持ち歩いている携帯2台持ちの典型の内だが、このdocomoの携帯電話は古く、とてもこれでメールを送信する気になれなかった、のでiPhone3Gを使う口実が出来たというモノ。
が、iPhone3Gの標準メール・アプリでは定型文の設定が出来ない。しかたなく裏ワザ的な『メモ』で定型文章を作成・保存し、それをメール送信することにしている。『メモ』の1行目がメールのタイトルになり、2行目以降が本文になるので、送信内容はメールで書いた体裁となり定型文章設定が無い欠点をカバーできている。

しかし、それをメールするときの反応が遅く、多少イラつく。呼び出したメモ文の下部にメール送信のアイコンがあるのだが、それをタップしてメール送信画面になるまで、3〜4秒はかかる有様。さらに送信先のアドレスを出すまでもタイムラグが大きい。これは明らかにiPhone3Gという古い機種がための欠点である。しかもこの『メモ』を使った定型文章メールは、時として、使ったメモ文章そのものが消えてしまうという現象もあった。あたかもその文章がメール送信で持って行かれてしまう感じ。きっと何か操作上のイレギュラーだろうが、これが何度か続くとiPhone3Gの限界を感じざるを得ない。もう替え時だと。。

そして発表されたiPhoneは次期型ではなく、現行iPhone4のマイナーチェンジ型であった。大方の予想ではiPhone5というモデルチェンジを予想していたが、正直その予想のデザイン==ティアドロップ型は好きではなかった。ノートパソコンかタブレットならまだしも、手の中に収まる携帯電話であの形は違和感がある。そして画面ももっと大きくなる、というウワサにも違和感ありだ。これ以上画面が大きくなると、片手での操作はかなり厳しくなる。
ということで、ワタクシ的にはデザインもあまり変わらなかったiPhone4Sで良かったのである。それよりか日本でも2社からの発売という点に注目だ。さっそく自分なりに2社の比較をしてみた。

111009_iPhone4s_au-SBM

携帯電話の料金体系ほど判り難い商品はない。自分なりに頭の中の整理用に書き出したモノで、他人が見て判り易いワケでもないので、表示に責任は持たないが、金額で言うならほとんど同じである。こっちが○円安いからこっちに決めた、というほどの差ではない。では良く言われる通信品質==繋がり易いか、という点で比較すると、確かにauは800MHz帯も使っているから屋内などでは有利であるが、都会であればその差はほとんど無さそう。両社共にたまたま感度が悪い場所がある、ことは有り得る。今所有しているiPhone3Gでも繋がらなくて困ったことは少ない。地下鉄でダメなのはアキラメがついている。

ということで、もうひとつの通信手段であるWi-Fiに注目した。2社共に独自のWi-Fi網を持っているが、auのiPhone4S対応の詳細はまだ不明だった。でもauの売りのひとつであるWiMAXにiPhone4Sは非対応のようだし、auのWi-Fi網が利用できるエリアのお得感がしない。一方softbankのWi-Fiではマクドナルドや都営地下鉄などワタクシの行動範囲内に適合するエリアがある。
ということで、iPhone4Sはsoftbankで契約すると決めた。機種変更である。

111009_SBM_site

そしてここsoftbankのサイトから予約受付を通り、何の滞りもなく契約へと進む。予約開始当時は混み合ったようだが、さすが2日も過ぎたから落ち着いて来たか。ということは14日の出荷はまず無いということだ。いい〜んです。14日に手に入るとは思っていません。いつかは手に入るんです。入荷しましたからお店にどうぞ、ではなくiPhone4Sが自宅に送られてくるハズです。
それと、今回は本体代金を一括購入して、2年縛りが無い状態にした。別に縛られて辛い思いも少ないし、今回のように縛られたまま機種変更もできる処置が今後もあるだろうけど、次期iPhone(5G)は確実に2年以内だろうし、その時に少しでも縛られ感が残っていると純粋な判断にならない気がするから。。
さぁ〜、これでiPhoneも最新型になる。iPad2を含めてモバイル機器でもAppleの先進性を享受する体制が整う(Appleの思うツボという見方もあるが)。

と、楽しみをひとつ予約し終わって、近場でのWi-Fi環境を確認してみた。まずはiPhone3Gで使えるWi-Fiを一括設定するというものをインストール。

111009_LAN

これをセットした後、街に繰り出した。

111009_Mac'd

まずはマクドナルド。昔から公衆無線LANを試していた所だ。お店に入らず歩道にてWi-Fi受信状態を確認すると、

111009_Mac'd_LAN

たぶんこの0001softbankという名称がマクドナルドでの発信と思うが、その他FONも受信している。このレベルでもインターネット接続可能を確認できた。

111009_Station

次は駅の付近である。横断歩道橋越しに駅のホームが覗ける所で、Wi-Fi受信状況を見る。

111009_Station_LAN

ここでも0001softbankが出ているが、この駅にsoftbank系のWi-Fiは備えていないハズ。au_Wi-Fiも駅からでは無いだろう。mobilepointはsoftbank系だ。Wi2は(株)ワイヤ・アンド・ワイヤレスのもの。それとFON。この電鉄で使える公衆無線LANはPRコンテンツを除いて有料LANになったハズ。それはどこで、どんなエリアがあるのか、など調査の上検討しよう。

iPhone4Sで3G回線での通信に止まらず、Wi-Fi回線での通信も有益なエリアがあれば有料でも良いかもしれない。或はWi-Fiルーターという選択肢もある。そうすればiPad2も外に持ち出せるし。。しばしモバイル系のWi-Fi網に注目である。auがiPhone4Sでデザリング可能としたなら、auに流れたかもしれないが、さすがのauもデザリングによる回線パンクの危機感があるということか? アナログ放送からデジタル放送になって空いた周波数帯の再配布(700、900MHz ?)で携帯電話事情がどう変化するか、データ通信に特化するWi-Fi網がさらに発達するか? 時代はいつも過渡期なのである。

BlogTopへ戻る