時刻を記録する

来週から新しい場所に通勤することになり、久しぶりの電車通勤になるので、遅刻しないよう予行演習をしてみた。その際に時刻を記録する手段としてiPhoneのアプリを使ってみた。

110808_Title



なにせ20余年ぶりの都心への電車通勤となる。Web上の電車時刻表での探索を十分にした上でも、乗換・待ち時間やらの余裕時間の程度はアバウトになる。よって一度は実際の通勤時間帯で経験しておこうと決めていた。して、その予定コースの要所毎に通過時刻を記録しようと思い、手書きではロスタイムになるので、ここはiPhoneというIT機器を駆使しようと試みる。きっとタイムキーパー的に時刻を刻々と記録するアプリがあるハズ、とAppStoreで探し求めると、『時間ノート 〜time time』というアプリがあり、¥85という低価格でもあったので瞬時にポチッであった。

110808_time-time

実は、これを購入したのは予行演習する前日の夜ということもあり、使い方も良く覚えておけず、一部不完全な使い方をしてしまったようだが、予めに到着・発車する駅のIN-OUTの時刻を記録するよう設定をしておいた。

110808_TimeLine

こんな具合に各駅で電車に乗った時にストップウォッチをスタートし、目的地に到着した時にストップさせる要領である。実際はストップウォッチのように経過時間も記録するけど、そのスタート、ストップをした時の『時刻』を記録するのがミソである。

110808_atGINZA

例えばこれは東京メトロ・丸の内線で『銀座』駅から乗った時刻と四ツ谷駅に到着した時刻が記録されているが、乗った時と降りた時にワンプッシュすれば事が足りる。その間にiPhoneはスタンバイ状態になってもOKだし、たぶん他のアプリに切り替えてもOK(だと思う、保証なしですが。)

110808_BL_Train

というIT機器を使った電車のちょっとした旅を1時間半ほどしてきました。予想ではこの通勤ラッシュ時の混みようはもっと凄まじいと思っていたが、体を触れ合うこともないほどの混みよう。そ〜か〜、、会社も夏休みの所があるからか〜、、としばらくして気が付く。それにしても携帯電話、それもスマートフォーンを操作している人が多い。見渡せる範囲でも10人ほどが携帯電話を操作しており、その内7割ほどがスマートフォーンらしく指でのタッチ操作であった。この前なんかは両隣の女性の乗客がiPhoneを片手で扱っていたのには、思わずニンマリであった。今日は今日で、中年オジサンがiPhoneを使っていた。その近辺でワタクシも使っていたから、オジサン2人がiPhoneを使っていたということになる。皆さん何をしているんでしょうかね〜。。

110808_Arrival

そうこうしている内に目的地に到着。外堀通り沿いのこの辺は、緑も多くてちょっとホッとするエリアでもありました。
という通勤経路・時間の確認の旅の結果、都営浅草線の東銀座から東京メトロ・丸の内線の銀座駅まで地下道を歩く時間が想定の5分から倍近い9分もかかったことが成果。詳しくは家に帰ってから『time time』の記録で振り返ってみよう。

110808_AppleStore

で、帰り道に銀座のアップルストアを訪問。開店時間の10時までまだ時間があったので、ブラブラと銀ブラ(古い !?)

110808_TENSYOUDO

これはちょっと有名な天使像。銀座・天賞堂のビルのコーナーで、向こうから来るカップルを狙い撃ちに待ち構える図、といったところ。こういったセンスに思わず拍手ですね〜。。
で、アップルストアに入って『MacBook Air』と『iPad2』の実機チェック。それぞれの重さも想定の範囲。新OSのLionも体験済み、とこれといった成果は無かったというか、いつか自分のモノになる時の楽しみを残して来た感じ。早々に店を離れた。

さて、家に帰って来てから『time time』の記録をメールで飛ばしてMacにcsv形式のファイルで受け取る。ダウンロードしたcsv形式のファイルをダブルクリックするとEXCELが立ち上がるが、日本語文字が文字化けである。

110808_csvExcel

試しにこのファイルを選択した状態で、キーボードのスペースキーを押してプレビューするとちゃんと日本語表記される。ではと、Numbersにブチ込んでみると、

110808_csvNumbers

ちゃんと表組され文字化けもない。なのに何故EXCELではダメ?? CSVって表組のEXCEL互換ファイル的に使うんだと思っていたけど、文字化けってどうして? 的な疑問。EXCELじゃなくてもワタクシの場合、不都合は無いのだけど、調べてみると、どうやらEXCELは文字コードとして『UTF-8』に対応していないことが原因だとか。これまた凡ミス的ミスか、大企業MSのオゴリか、なのか?
とりあえずテキストエディタでcsvファイルを開いて、文字コードを変えて保存し直してみた。

110808_UTF-8

EXCEL側で対応していないのだから、csv側で文字コードをShift JISなりにしておかないとどうにもならない。でもUTF-8になってしまっているcsvファイルは、こうでもしないとどうにもならない。

110808_onEXCEL

これでようやくEXCELでも正常に文字が表示されました。
ホント、Numbersでもいいんですけど、EXCELのために手間をかけまして、これから記録の分析です。というほどでも無い感じで、結局のところ、家を出た時刻と、会社に到着した時刻、すなわちトータルの所要時間に多少の余裕を見込めばOKなんですけど。。何事も検証するにはデジタルなデータが必要ってことで。。

BlogTopへ戻る