Poserでのリンク・モーション

機械的なリンク・モーションをPoserで実現すべく、奮闘した結果、どうやらこれで良しと思われるところまで漕ぎ着けられた。これでSuperSevenモデルのPoser化も一気に進むかもしれない。



そう、SuperSevenモデルの操舵の動きを実現すべく、ERCを弄り数学的記述法を訳文したりしていたのだが、理解というか具体的な記述法が難解で頓挫していた。。そうしている間に、ボーンを組み込んだモノにして、IK (インバース・キネマティクス) で実現できるのではないか? と閃いた。
さっそく簡単なモデルを用意してトライだ。
タイトル画像のモデルで、青の棒を横にスライドさせて、緑のリンクを介して赤い軸を持ったモノを回転させるモーションだ。
まずはボーンの組み込み。セットアップ・ルームに入り、ボーンを仕込む。


今回は回転軸のモノを親ボーンにして順次ボーンをつなげていく。PoserのFigureで言えば、足首を動かすと太腿も動く理屈から、bone_3が足首に相当する。このボーンにそれぞれ連携するポリゴンを関連つける。それには『グループ』ツールを使う。


ちょっとボーンがポリゴンから離れてしまっているが、ボーンの生成を上面図の状態で行ったからであり、今回の場合は2次元的な動きしかさせないから、これでもOKなのだろうが、一応ボーンの位置をポリゴンと合わせる。




ここまで出来たら、ポーズ・ルームに戻り『階層の編集』でIKの設定である。


この『IKチェーン』を選択状態にすると『IK Chainを作成』ボタンが選択できる状態になる。このボタンを押し、


適当な名前をつけてOKとすれば良い。そして何をチェーンにするかの設定法であるが、bone_1〜3を関連つけたいので、この階層ダイアログに現れているその名称をドラッグ・ドロップしてみた。


すると、この動作は実行できませんヨ、続けますか? ときた。。かまわずOKボタンを押すと、ダメと言われつつも新IKチェーンにそれが入っている。
        
↑訳が間違ってました。。『この操作は元に戻せません』でした。


この方法が正しいのか、たまたま出来てしまったことなのか判らない。まぁ結果オーライでいく。。
で、次が惑わされてしまったのだが、これだけではダメで、この新しいIKチェーンを有効にするには、


このチェックを入れないとダメ。また、チェーンの順番も関係すると思われるのだが、一応 親元から順番にドラッグ・ドロップしておいたのだが、それで良かったのかもしれない。

さて、これでIK設定は済んだのだが、この状態でbone_3を動かすと自身のポリゴンや他のポリゴンが動きと共にハデに変形してしまう。以前に同じようにリンク・モーションをトライした時もそうであったので、今回は『球状影響範囲』などを弄って変形してしまう範囲を調整しようと臨んだ。


これはそれらの影響で各部位が変形してしまっている状態。

が、やれども弄れどもこの変形を無くすことは出来ず、しまいには変形・破壊されたままで元にも戻らなくなってしまった。やはりこれは難しい。
と、以前と同じ状況から抜け出せなく、しばしWeb徘徊をしていたら、どこかのサイトでヒントらしきものがあった。


この特性ダイアログにある『屈伸』はデフォルトでチェックが入っているが、これを外せば良い。深い理屈は判らないが、どうやらこれを外せば例の影響範囲などを無効にして、各部位のポリゴンは何の変形も起こさないようだ。

ということで、一件落着。このリンク・モーションは思惑通りの動きとなった。


なかなかどうして、純粋に物理的な動きが実現できており、青の棒がオーバー・ストロークで動くと、自身も回転運動に変わる、という動きになる。


リンクが突っ張ってしまうと青の棒は回転に変わりデッド・エンドまで動こうとする。反対方向のストロークでも、


リンクが一直線になるよう青の棒は回転する。
なかなか やるではないか。

ということで、比較的簡単に しかも正しいリンク・モーションが実現できた。これをPropの状態で複雑なERC記述をせずとも出来るのであるから、PropからFigureになってしまうのも良しとしよう。これでSuperSevenのステアリング・モーションもメドがついた。やれやれ、ようやくSuperSevenモデルの再燃である。

BlogTopへ戻る