Bluetooth マウス

Mac Proを修理に出していた間、Magic Mouseに馴れようとPowerMac G5に接続して(必死 !?) に練習していた。ちょっと扱いにコツみたいなのが必要であったが、その多機能な操作感から逃れられなくなってしまった。そしてMac Proが戻って来た今、PowerMac用にもMighty Mouseをひっぱり出したのである。



Magic Mouseはちょっと扱い辛い。思うに、そのデザイン性のために手の内に包み込む感触が無いことによる。縦横無尽にマウス自体を動かすだけなら、さほどの不便は無いのだが、ドラッグ&ドロップをする時が一番辛い。。クリックをホールドした状態でドロップする所まで動かすのに、マウス全体を持ち上げた状態でマウスパッドにタッチ&ゴーを繰り返してカーソルを動かすクセがあるからなのかもしれない。


クリック操作で物理的に表面を人差し指で押し込んだ状態で、全体を持ち上げるには無理がある。もっと手の平に近い部分が盛り上がっていて人差し指によるマウスの回転を、手の平で受け止めないとクリック自体がホールドされない。マウス全体をパッド面から離さずに、このままズルズルと移動させるならそれで良いのだが、マウス操作で長い距離を正直にパッド面上でリニアに移動させている人は少ないだろう。手首のスナップが効く範囲でパッド面をスライドさせて、次はマウス全体をパッド面から浮かして元の手首の位置に戻し、再びスライドさせる、すなわち手首を左右に振って、その間にパッド面に触れたり離したりして断続的にカーソルを移動させているハズだ。Magic Mouseの場合、その操作法を変えないとダメなよう。。
その解決には、まだ完璧には馴れていないが、マウスの先端のみをパッドに接触させてタッチ&ゴー操作をするのが良かった。手首の左右のスナップの他に、大きめの上下運動を加えることになるからちょっとシンドイのだが。
どう考えても、このドラッグ&ドロップの操作感の減退はデザインによる犠牲に思う。見た目の良さ優先で犠牲になる典型的な例とも言える。ときとしてAppleはそのような犠牲を強いる企業でもある。

そしてもうひとつ操作法で馴染めなかったのは、スワイプ操作。人差し指と中指の二本の指を左右に振る操作である。この操作によってSafariなどで前後のページに移動できるので、重宝する機能ではある。が、指二本だけを左右に動かすのは無理がある。どうしても手首全体も動いてしまうのだ。しかもその動きを素早くする必要がある。スワイプとは『さっーと動かす』という意味のようだが、文字通り『さーっ』と動かさないと機能しない。私の場合、この操作のために指の訓練をしても指先までも固いのか、一向にうまくならない。


マウスをホールドした状態でここまで指先は動くのだが、そのスピードが許容されないのだ。仕方無くここでも我流の解決策を見出すしかない。


その答えは、マウスのホールドを諦め、二本の指だけを軽く表面に当て、手首で左右に振るのである。この瞬間、マウスはトラックパッド化する(笑)。。乾電池分 多少重たい点が利点になる瞬間でもある。実はこの操作法、なんとなく気に入っている。というのも、その昔 観た映画の『マイノリティ』(だったかな? ) で巨大なガラス面状のモニターに向かってコンピュータを扱う場面があった。その操作法が手というか腕全体のジェスチャーで動かしていて、画面を切替えるジェスチャーが二本の腕を『振り払う』動きだった、のを彷彿させられたからだ。それと同じ動きを少々オーバーアクション的に二本の指で行う。。未来が今 来ているのだ、とばかりに得意になったりする。可愛いもんである。

さらに難点があるとすれば、指先の汗とかでマウス表面をスムースに動かない時もある。タッチセンサーで細かな動きをさせる時に障害となる。これも解決法を見出した。


このように意図的にツメを立てて動かすのである。人によっては指先の接触面を微妙に拡大させる方法もあるようだが、私的にはこの方が微調整が効いた。特に指を手前に引く動きである場合、最初の指を伸ばしている状態からは大きく動き、近づいてくるにしたがいツメを立てていくことで、指の動きにも無理はなく、徐々に微調整範囲にしていくことが出来て好都合である。

いろいろと操作感には馴れが必要であるれど、その機能で得る部分が多く、その昔はワンボタンのAppleマウスに比べてWinの2ボタンを冷めた目で見ていたのだが、指先の動きだけで機能する利便性に傾倒してしまった。故にMac Pro用のこのMagicMouseを戻って来たMac Proに当てがった後も、PowerMac G5用にMighty Mouseを引っぱり出した。


やっぱりスクロール・ボタンは便利だし、右クリックでの機能増大も捨て難い。たぶんその御陰でマウスのスナップ操作も減っているから手首にも優しいんでしょう。
そして、これでようやくネズミの尻尾が無くなり、見た目もスッキリである。
でもこのMighty Mouseの最大の欠点は、そのスクロール・ボタン。。


約二日ほど使っただけで、目にも判る汚れよう。この汚れが進行していくと分解掃除を余儀なくされる。普段はあまり気にはしていない指先の汚れ、相当汚れている、と認識しなければ。。傍らにウェット・ティッシュでも置いて、Macを操作する時はまずは手を清めてからにする習慣でもつけるか〜。そうすれば白いキーボードの汚れ防止にもなるし、何よりも敬虔な気持ちでMacに対峙する心構えにもなる。
さて、いつまでその敬虔な気持ちを保てるだろうか。来年の目標としよう。

BlogTopへ戻る