iPhone Goods

iPhone4Sを使っていて、片手操作での不安(落としてしまわないか、、)解消策を考えていたら、ほぼイメージ通りの製品が出ていたので、さっそく取り寄せてみた。

120218_Title



取扱店は『Vis-a'-Vis』ここでの買い物は確かPalm以来の久々である。
iPhone4Sを手から落とさないアイデアは2つほど思い浮かべていた。ひとつは背面にゴム・バンド状の『指差し込みバンド』。文字通りそこに指を入れていれば、落ちる前に引っかかる、という理屈。ただバンドをどうやって固定しておくか? がネックだった。そして2つ目はバンドの代わりに指サックか指輪状に指を入れるリング。
そのリングに指を入れて安定させる、というアイデアそのものの商品が登場したのだった。商品名は『Bunker Ring』

120218_Ring

こんな具合に指をリングに通しておけば、すこぶる安定する。ここまで指の根元まで通すことはなく、第一関節から第二関節あたりの所でも十分である。いやその方が親指1本で画面全域にタッチするには都合が良い。

120218_Usually

このリングの取付けは単にiPhone4Sの裏面にペタッと付けるだけ、というのも簡潔にして十分な方法である。

120218_Silicon

たぶんシリコン樹脂だと思うが、その粘着性を利用している。粘着性といってもシリコンのそれはベタベタ感が全くない。粘着面は異物が無いように留意する必要はあるが、何回でも脱着は可能だ。

120218_Not

粘着性はiPhone4S単品重量を支えるに十分である。ただ心理的にこんな持ち方で振り回したくはない(笑)。

120218_Round

リングが都合よく指を通せる角度になるよう、リングはこのように回転する仕掛けになっている。一旦自分好みの位置で慣れればそんなに位置を毎回気にすることもないから、回した位置で止まっているようシブメな回転が良い感じ。

120218_Stand

だから機能のひとつに『スタンドにもなります』機能が謳われている。まぁ〜この機能を使う場面は極く少ないと思うが。。それよりか背面に凸起が出来るワケで、置いて安定しないとか、ポケットに入れて嵩張るとか、デメリットも存在する。

でもまぁ〜、、3日間使っただけだけど、そのデメリットはほとんど気にならず、使う時にワザワザとリングを引き起こす手間も儀式の内、と割り切れるほど片手操作が安定するのであった。ただ、購入した後に判ったのだけど、この商品を購入した人の意見の中に、『リングの取付け部が2週間で割れてしまった』と言い、追加して購入したのもまた割れてしまったと言う。

120118_WeakPoint

それはたぶんこの部分を言っていると思うのだが、リングの断面形状は四角で、このリングを止めている部分も四角のえぐられた穴状になっている。この四角の中で無理矢理に四角の物体を回すのである。えぐられた部分がうまい具合に変形して、また元の形状に戻るという変化を繰り返すので、疲労破壊に至るという筋書きである。さもありなん、である。この構造であるから破損しないまでも、いつかはリングはグラグラというか位置保持しないところまで摩耗してしまうだろう。簡便な構造でほしい機能を得てはいるが、簡便ゆえに完全ではないのだ。

さて、いつまで保つか、破損しないよう注意深く使うとするか。。

BlogTopへ戻る