iPod車載・確認・他

相変わらずの車弄りネタであるが、iPodを車の中で聴く (見る)、の第一段階から次の段階への確認事をした。その前にHarman drive+playの液晶ディスプレイの固定BRKT作り直しを取付けてみた。そして、純正カーナビへの映像出力だ。


先のエントリーに書いたBRKTを車・ステージアに取付ける。取付け法は両面テープであるが、あいにく手持ちの量が少なく、思い切ってビス止めでも行った。両面テープに限らず、接着剤もそうだが、その強度は引張り方向には十分であるけど、剪断方向または貼付け面の回転方向には弱い、という欠点もある。たとえば垂直面に取付けて、重力方向に荷重がかかっていると、少しづつ移動してしまったり、突然に剥がれ落ちてしまう。
で、今回はBRKTの形状を考えて、垂直面が主体ではあるが、ほんの少しでも面の回転を止めるべく、センターコンソールの端にもかかるようにした。
しかし、両面テープの残量が少ないことで、結局はビス止めもしてしまったワケではあるが。。


今回は前回の反省から、このように1部品にBRKTを取付けることにしたので、取付け易いようにコンソールを分解した状態で取付けられた。


手持ちのビスは首下が長く、そのまま打ってしまうとマズいので、この取付け面のクッション材の基盤になっている樹脂部まで食い込む長さでカットした。一応黒染のビスなのだが、色が薄かったようで、この写真ではビス頭が白く目立ってしまうが、ここまで覗き込むことも無いし、普通に車に乗っている分には見える所では無いので、良しとするか。。


こんな感じで、以前のクラスターC部に見えてしまっていたのも無くなり、スッキリした。
これでiPod車載化計画の大きな修正部分は完了だ。後は電源関係とコンソールボックス内の整理になる。

その前に、手持ちのiPodはビデオも入れられるタイプ、走行中は見ないものの、純正のTVチューナーへはビデオ出力も備えているので、このiPodからのビデオ出力の確認をする。
そのためにアップルから購入したAVケーブルをiPodに接続し、そのコンポジットRCA端子をTVチューナーからのケーブルと接続する。この経路を通るために、Harman drive+playは介在しないことになる。(drive+playがビデオ入出力に対応していないので、、)

で、iPodのビデオを選択したのだが、音声は流れるものの映像はナビ画面には出て来なかった。。何かのセッティングが悪いのかと、車載側を弄ったのだがダメ。
ではと、iPod側のセッティングをあれこれ見ると、『テレビ出力』の設定がオフになっていた。それをオンに切換えると、OK!!


iPodの画面には映像は映らず、車載モニター側に映像が映し出される。しばらくこのままにしておくと、iPodは省力モードとなりディスプレイは消える。


OK! OK!! ビデオ出力も問題無い。ちなみにこのビデオ映像はMariah CareyのDVDからのリッピング物です。(本当はいけないのだが、iPod用にフリーのソフトがありまして試しに。。)

で、このビデオ出力も確認できたことで、通常のHarman drive+play経由での楽曲再生と、運転の休憩中に見るかもしれないビデオ出力の2系統を備えることにする。
その切替はコンソールボックス内でRCA端子の付け替え、と想定していたが、それはいかにもカッタルイ。
ということで、RCA端子の分岐アダプターを購入することで決定。そうすればiPodとの接続をドックコネクターか、ピンジャックかを選択するだけで済む。


その方針が決まったところで、このボックス内の整理に着手だ。それとHarman drive+playのメイン電源SWも付けないと。。でないと音楽を聴いていない時も、液晶ディスプレイがONのままで、意味もない。。

BlogTopへ戻る