キーボードの掃除

最近のMacのキーボードは純白ものが多い。見た目の清潔感は高いものの、使い込むにつれ汚れが目立つようになる。そこで掃除を余儀なくされるのだが、今回は例の『マイクロファイバー・クロス』を使ってみた。



現在メインに使用しているキーボードは、アルミニュームボディのApple Ketboard (テンキー付き-JIS)である。


ご覧のように、今回掃除する直前までの状態は、汚れがそれと判るほどにそのまま使い込んでいた。そろそろ掃除しなくては、、と思いつつ、どんな掃除法が良いのか、しばし熟考。。
これ以前のキーボードでは、そのキー一つ一つを分解して、漂白剤を入れたビニール袋に浸して一気に奇麗にしていた。そう、浅漬けの要領でキーを入れたビニール袋を軽く揉むだけで済むので、掃除としては比較的楽な作業だった。
が、このアルミニュームボディになってからは、キーの分解取り外しに躊躇する。詳しくその取り付け状態を調べていないが、簡単にポロリと取り外す構造にはなっていないように見える。もう少し力を入れれば取れるのかもしれないが、間違えば破損させてしまう危険性がある。歯が抜けたようなキーボードほど哀れな姿は無いだろうから、その分解は何かの機会があるまでオアズケである。

そこでキートップのみを表面から拭く要領で掃除するしかないのであるが、都合のよいことに、このキーボードのキー高さは2mmほどであるから、表面だけを拭くことで事が済む。
して、効果的に拭き取る方法として、液剤を使う手がある。或は以前にも試したことがあるアルカリ・イオン水という手もある。しかしそのイオン水も効果の有効期間があり、それを過ぎるとただの水である。故に使いたい時に購入しなくちゃならないし、使い切らないとムダになる。他の汚れ落としの洗剤系は、その成分を吟味しなくちゃならないし、、と、何がベストなのか経験を積まないとはっきりしない。
ということで、ここはシンプルに普通の水を使い、その極細繊維で汚れをカキ落とすであろう『マイクロファイバー・クロス』を使ってみた。


少々根気がいる作業だが、キー高さが低いことから、そんなに突っかかり感もなくキートップ上でグルグルと擦れば奇麗になる。


ひとつのキーを擦っただけで、こんなに布地が汚れた。相当汚れていた証拠だし、布がそれを拭き取ったという証拠でもある。
この『マイクロファイバー・クロス』、思惑通りに機能したようで、何もガラス拭きだけに使うにはもったいない。ただし、その説明書にも記載があったが、柔らかい素材を拭くとキズが残る、とある。極細繊維・鋭利な繊維先端ゆえに、さもありなん である。
モニター画面や、メガネを拭くには適さない、と思っておく必要がありそうだ。


ということで、比較的あっさりと掃除は完了し、以前の奇麗な状態に戻る。掃除もメンテナンスの一部。日頃のメンテナンスを短いサイクルで定期的に行うのが、後々 重労働とならない秘訣みたいなものでしょうか。。
そう思い、このセンターホィール式のマウスを使い出してから、指先の清掃は心掛けている。




ウェット・ティシュで指を清めてから使っているから、そのセンターホィール部も比較的奇麗である。掃除を頻繁にしなくてはならない製品、とは一つの欠点ではあるけど、その長所を保つメンテナンスの一種と思え、モノを大切に扱う心があれば、そう苦にもならない。世の中どんどん便利になり、メンテナンス・フリーが一般的にもなってきたが、初期性能を維持する使い方も忘れてはいけないと思う。作った側に悪意があったワケでもなく、買った側のちょっとした気遣いで、その製品が短命で終わるか、長寿に過ごすかの違いである。
モノを大切に扱う心、が大事である。

BlogTopへ戻る