Bluetoothモジュールの改善

Mac Proで使っているMagic Mouseの動きが鈍くなる現象が発生するので、その原因を調べてみた。諸論が論じられている中、実に意外というか製造ミスとも言える原因があった。



Magic Mouseは指タッチでの各種機能のお陰で重宝しているのだが、時折そのカーソルの動きが挙動不審になる現象が出て困っていた。例えば、カーソルを大きくスーッと動かしてから狙ったポイントに寄せる時に、マウスの動きに反応せず、カーソルは止まったままになるとか。。
カーソルの反応が鈍くなる感じであるが、大きく或は素早く移動させる分には反応が悪いというワケでもない。
この現象もMac Proの起動の最初から発生するワケでもなく、さりとてある決まったタイミングで発生するでもない。であるからダマシ騙し使っていたのであるが、さすがにイライラする場面に耐えきれなくなった。マウスでカーソルを自在に動かすことが出来ないなんて、失格ではないか!!

同じような現象が発生している人も結構居るようで、Webで調べると諸説が論じられている。曰く、、
●電池が消耗しているのではないか?
  交換して始めの頃は良いが、しばらくするとダメであった。電池消耗がそんなに早く進むとは考えにくい。
●低電圧タイプの電池は不向きではないか?
  そう、エネループを使っているけど、同じくMaighty mouseでは何の問題もない。OSで低電圧サポートされたハズ。
●Mac Proはアルミ筐体だから、電波の送受信は不向きである。PM G5ではアンテナが筐体の外についていたではないか
  金属物は電波の反射を引き起こすが、送受信状況の程度は設計、試作、実験の段階で確認しているハズ。
などなど、考えられる原因のオンパレードであったが、今一 根拠が薄い。。
アップルのサイトでサポート情報を探るも、電子レンジから遠ざけてください、電波の干渉かもしれません、など一般的な留意点に留まる情報しかなかった。
で、コミュニティのディスカッションに入ってみると、先の諸説が続く論議の後半に意外な解決法の説明があった。
ココ(英文) で解説されているのであるが、Bluetoothモジュール、及びAirMacモジュールのアンテナ線の接続に間違いがあると。。


これはワガMac ProのBluetooth、AirMacモジュールの現状であるが、この結線は間違っていると説明されているものと全く同じであった。
そしてそこでは正しい結線が示されていたので、これはもうやってみるしかない。。



まずは2番目のHDDベイを取り外して作業空間を広くする。とは言え、このままではまだまだ十分に狭い。指先だけでケーブルの差し替えは困難、いや無理である。


『1』番がAirMacのモジュール、『2』番がBluetoothモジュールである。この『2』番に『BT』とタグがついたケーブルが接続されている。『BT』すなわちBlueToothの略語と思えるので、一見正しいようだが、その先のアンテナ本体までは確認しなかった。まぁ〜見えたとしても、それがBluetooth用のアンテナなのか判断もつかないのだが。。


ちなみにこのBluetoothモジュールには日本語で『アップルコンピュータ株式会社』と書かれていた。生産は中国のようであるが。
して、このアンテナ・ケーブルとモジュールは極く小さいホックボタンのようなコネクターで接続されている。
ココに詳しい写真が掲載されている。
狭い上に小さいコネクターであるから、差し替えにはずいぶんと手間取ってしまった。


ピンセットで抜き、割り箸2本を使っての差し込み、おまけに弱くなっている目のために、こんなルーペまで装着して。。まるでローテクな手術の如きではあった。


で、これが正しいとされる結線状態である。『2』、『3』番をAirMacモジュールに、『1』番をBluetoothモジュールに接続である。行き場を失った『BT』ケーブルは端子部にビニールを被せてそっと基盤の上端に置く。

さてさて、その結果であるが、ほぼ丸一日を経過した状態ではOKのようである。それにしてもアンテナ線が間違っていたとはどうしたことだろうか。これが正しいとしたら、元々Bluetoothモジュールにはまともにアンテナが接続されていなかったことになる。それでも曲がりなりにも受送信出来ていたワケでもあり、モジュールのコネクター部に接続されたケーブルだけで電波を拾っていたのだろうか?? あるいは規格の違うアンテナで送受信してた?。。

しかし、この話題がディスカッション・ボードに記載されているのに、Apple自ら説明していないのは考えものだ。初期型のMac Proのみが対象ならその数は少ないから、或はもう保証期間は過ぎているから、何ともしようが無いのか?
直って良かったが、何か割り切れない気持ち。。

BlogTopへ戻る