フリーデータで楽しむ

最近の遊びはPoserのシーンに使うべく、フリーのデータを漁っていることだ。自分で作るには時間がかかり根気が続かないのだが、入手してきたフリーデータを開いて、手を入れたい所の修正やTextureを当てると良い感じになって、手軽に『やった』感がでて満足してしまう。

120728_Title



3DCGのフリーデータを入手する所(サイト)は数々あるが、これまではPoser用のファイルになっているモノだけを漁っていた。けど、Propなら特に動かすこともないから、OBJ形式に変換できればPoser用に適正化した上でPoserに持って来れる。ということで、ある形状データをPoserに持ってくる手順などを書いておこう。

入手したデータがDXF形式である場合、モデリング・アプリである『modo』で開き、obj形式に変換してPoserに渡す。その際、読み込んだデータを結構いじらなくてはならない。

120728_DXF

モノによって異なるけど、こんな具合にだいたいポリコンの面が裏返っている場合が多い。面反転の機能は大概の3DCGモデリング・ソフトに装備されていると思う。たとえばmodoの場合、この修正は反転させたい面(ポリゴン)を選んで、反転コマンド一発で修正される。

120728_DXF_OK

という具合に、非常に簡単に修正されるワケで、この修正に思考やワザを駆使することは無いから、極く気楽に作業することができる。そんな気楽な作業で形が整っていくのだから、苦労して全部自前で造り出さなくても、ちょっと『やった』感が味わえるので病み付きになる。。

DXFなどobj以外の形式からobjに変換したものとか、そもそもobj形式だけどPoserを意識したモデリングでない場合は、Poserに持っていった時とんでもない大きさになるケースが多い。

120728_Size

例えばこれはある椅子のデータをダウンロードしてPoserに持ち込んだ例だが、読み込むと矢印部にあるFigureの何十倍と大きくなっている。あまりものスケール違いで一瞬はロード出来なかったのではないかと疑うくらいだ。

120728_Fitting

で、これをPoserの世界で寸法が合うべくmodoで縮尺するのである。予め実物の大きさが判るものだったら、その寸法に合わせる縮尺値を算出して行うのだが、この例のようなものでは実寸が掴めないからFigureとの相対寸法で決めるしかない。椅子の場合は着座してもちゃんと足が床に着く程度が決め所か。。
モデリング・ソフトではその他に質感分けをしておく。そしてPoserに持ち込んで適当に質感を決めれば、それなりのモノができる。

120728_Chair_Finish

ここまで仕上げるのに、たぶん小1時間もかからないと思う。UVマップを作り直したり、textureを自前で作ることをしなければPoser専用ファイルと比べてもさして苦になる時間でもないだろう。

120728_with-Miki2

そしてライブラリーに登録してしまえば、Figureとの絡みのシーンを作るべくさっそく活用である。今回例にした椅子はココからのダウンロードである。家具などを中心にした建築向けサイトのようである。かなりの数があるので上述のような一手間が必要だがPoserのシーンに多用できるアイテムが多い。ちなみに配布形式はDXF/3ds/3dsmax2009がメインのようだ。

120728_Sofa_A-2

120728_Chair2

形状はしっかり出来ているので、後は質感設定が勝負といったところ。

modoでは3ds形式ファイルは開けなかったけど、Poserで開けるものもあるので、Poserで取込み > Poserでobj形式出力 > modoでモデル修正・サイズ合わせ・質感区分け > Poserで質感設定 > 完成、といった段取りとなる。
このサイト以外でも、一旦Poser形式に拘ることを捨てれば、おなじみのsharecgでも面白いデータを得ることができるかもしれない。

120728_ShareCG

サイト・トップのバナーでこの『3D Models』を選択すればPoserで使ってみたいモデルがあるだろう。
といった所を彷徨ってデータを集めていると、やはりというかフリー物の負の部分を見る時がある。負=すなわちいい加減な出来の物である。しかしフリー物でそこに文句を言っても始まらない。本人は大真面目で取り組んだが、まだ技量が無かっただけなのかもしれないし、何かの都合で出来上がったままをアップしたのかもしれない。批判を受けるためにアップしたのではないのだろうから、ここは受ける側が寛大であるべきと思う。

120728_HIKAKU

その例とするワケではないが、例えば得たデータをより良くしようと弄る時もある。これは低木な植物をモデリングしたものだが、オリジナルは一番左の状態。

120728_Leaf

このモデルは葉を三角ポリゴンの散りばめで表現しているもの。この葉の散りばめ間隔が粗いので、ちょっと寄った構図ではまさに葉が浮いた存在になってしまう。故に葉のポリゴンを増やし、かつ枝からそんなに離れないよう配置を修正したり、大きさを変えたものが一番右のものである。作者には悪い気がするけど、自分なりに『弄る』といった行為も有りと言いたい。もちろんそれで配布したりは御法度だけど。
一応、フリーものの配布サイトで有名所として
ココも挙げておく。入手するには無料の登録が必要。

120728_M1_1

ここは戦車や銃などハード物が揃っている。有料がメインだが中には戦車丸ごと1台サービスってぇものもある。ここのものも一部修正してみた。

120728_Remake

土嚢がライト・プロテクターを貫通していたので、土嚢の配置を修正である。細かい所だが、タダで頂いたものでも有るべき姿に修正する『弄り屋』の性である。
ハード物でPoserシーンを構成する機会はほとんどないが、

120728_Scene

いつか使うかもしれない、という『何でも屋』なのだろう。ここでは他にも車のモデルがあったりで、

120728_ShebyCobura&

バットマン・カーやコブラなんかもあった。これらはPoserのProp形式での配布だから、textureにちょっと手を入れて仕上げるだけで見栄えがグッと変わる。車のモデルは好きだから、結構集めている。

120728_Cars

あともうひとつ、立派なフリー物があるので紹介しておこう。
ココでは飛行機を中心に配布している。出来具合は完璧で、これをフリーで頂けるのに気が引けるぐらい。

120728_P40

textureもウェザーリングしておりアップでも十分耐える出来である。が、PoserではFigureとの絡みシーンは限られる。これもいつか使うだろう、、のものか〜。。

さて、さて、自前で何か夏物のアイテムを作り配布しようと冬場から考えて、1〜2個作ったところで頓挫している自分。こんなところで人様の作品を弄る楽しみを見つけてしまった。バチが当たらない内に自分も創作活動を再開しよう。

120728_Finish

昔はこんな車を1から作り上げたりしたものだが、今もその精力は残っているか〜ぁ!! ??
と、シーン構成の方が楽しかったり。。でも背景を葉っぱで埋めただけじゃないか〜、、と突っ込みどころ満載である。

そうこうしている間に、Macの新しいOSが発表になった。新しいOSになる度に『Poserは動くのか?』、『modoは動くのか?』と調べるのが習慣になってきた。どちらもまだ完璧ではないようなので、OSアップデートは他のMacでやるか、様子見のところ。
図らずも、新OSのMountain LionとPoserの2の検索語で検索したら、

120728_MountainLion

フリー配布のPoserのFigureであるMountain Lionが入手できた。Mountain Lionが百獣の王のライオンより上だとの考えは、さすがアメリカンである。これはたぶんまだココで入手できるかも。。

BlogTopへ戻る