Miki2.0のHairについて

相も変わらず、休日にはPoserを起動しMiki2.0というFigureと遊んでいるのだが、その髪型に手を焼いており、新しい髪型に変更しようと思う。


Miki2.0のノーマル(標準)の髪型・スタイルは悪くないのだが、衣装によっては髪を変形させないとマズいことになり、いろいろとパラメーターを調整することになる。


例えばこのような襟が高い衣装などでだ。(衣装はkobamaxさん作) 髪の毛が襟に食い込んでしまっている。このノーマルの髪を変形するには、髪の毛の『首』部位にしか用意されてないパラメーターのみで調整することになる。


それもこれしか種類が無く、この中から首まわりが変位し襟をクリアするよう調整する。


で、概ねこんなところで良いかな? と一応調整できたように見えるのだが、確認のため全方位を眺めてみると、


後ろがまだまだダメである。さらにこの状態で後ろが良くなるよう調整をして、


こんなものかな? と髪の毛の食い込みをクリアさせるのだが、前に戻って見ると、


これではヤリ過ぎ。。そもそもノーマルの髪の毛パラメーターが少な過ぎであり、全方位の調整は至難の業、というか着せる衣装によっては、あるアングルで丁度良くなるよう妥協するしかない。。

というワケで、新たにMiki2.0用のHairを探し出すことになった。髪型も個人の好みがあるだろうが、ここは衣装との兼ね合わせで苦労しないHairが良い、と思ったのでザッくりショートカットの『
SuperBob』を選んで購入してみた。


textureを付けない状態だとまるでヘルメットだ (笑)。。しかしこれは具合が良いことにPropsで用意されているので、本来は違うFigureであるVictoria4/Aiko4用なのであるが、Props故にMiki2.0の頭に被せて、『階層の編集』にてMiki2.0の頭とペアレントにすれば、それだけで体の動きに追従し、何もしないで普通に使える。



しかも、髪のモーフも備わっており、それなりにリアルな表現が可能だ。


例えば、このストレートな髪型であれば、首を下に傾けると髪はきっとこうなるだろう。


ちょっと髪を長くしたスタイルにしているが、髪の毛は重力によってこうなるハズだ。
市販されているHairの多くが備えている様々なシチュエーション用のモーフもある。よく使われるケースとして、風になびく様子も出来る。



何よりも、着る衣装をあまり気にせずにいられる点がお気に入りであり、もう少しスタイルを整えて、単なる『おかっぱ』頭 (笑)と見られないよう工夫してみよう。。



BlogTopへ戻る