工具類の収納

毎日の事ではあるが、Webを彷徨い自動車用の工具店のサイトに行ったら、偶然お買い得なセールでツール・チェスト&キャビネットが目に飛び込んできた。躊躇せずにポチッとな、であった。



そのお店は『
アストロ・プロダクツ』である。リアル店にも度々行くのであるが、そのツール・チェスト&キャビネットは数量限定で再販売とあり、価格は1万円をきっている。。とは言え気軽に買える金額ではないが、格安ではある。自分自身はバーゲン・セールなどには簡単にノラない口であると自負している(笑)が、実は前から大きなツール・ボックスは欲しいと狙っていたものだから、躊躇はなかった。。

道具好きであるから、工具類はそこそこ持っている。その置き場も数カ所に分散し、かつ投げ込み状態で収納しているので、ここに在ると判っていても取り出すのにイライラする事もあった。その内の一つのツール・ボックスはプラスチック製の引出しなので、引き出すのもカクカクしてスムーズでない。何故か工具を取り出すのにイライラ度が上がっていた。そんな状態を改善すべく工具類を一カ所にまとめて、整理整頓された状態にしたかった。


写真はパノラマ合成アプリの『ダブルテイク』で上下を合成

手に入れたのはこれ。上段がチェストで下段がキャビネットの構成。チェストはキャビネットの上に置いてあるだけであるから、取手を持って取り外しできる。全体寸法は、高さ=1070、幅=620、奥行=330 mm、となかなかの大きさ。これを2階の部屋置きである(笑)。いや、ガレージなどではなく屋根はあるものの、吹きさらしの駐車場であるから、置き場はここしかない。部屋もますます狭くなるだけであるが、キャスター付きで移動できるから邪魔な時は動かせばよい。。

前から狙っていたモノは、この上段のツール・チェストの部分だけのものであり、価格も約2万円はしていた。それが大きなキャビネットもついて1万円以下である。その価格比から今回のものは出来は良い、とは言えないと覚悟はしている(笑)。実物を観察するとスチール製のボディは、その内側は十分に塗装が吹かれていない、かつ一部はもうサビが有った。。


決定的にローコストであることを物語っているのは、この引出しレールの部分。それなりの価格のものは、ここがボールベアリングのスライドレールである。がこれは嵌め合いだけのレール。ゆえに引出しを左右に振るとガタガタ。。という覚悟していた通りの出来ではあった。


サイドにはひっかけるフックが付く。これも何かと便利に違いない。そしてさっそくに工具類の収納だ。


引出しの中は底にゴム・マットが敷かれ、このように工具を並べて置いても容易にはバラバラにならない。


キャビネットの引出しの深さも十分で、大きなツールも余裕で収納。


さらには下部は高さのあるモノでも収納できる。今のところは主要な工具類を入れただけであるので、余裕の収納力であるし、整理整頓された状態の収納。それももう少し工具類をここに集約したり、今後も増え続けるであろうことを考えると、いつまでこの状態が保てるものか。。??
まずは整理整頓が出来てイライラも遠のくであろう。

BlogTopへ戻る