Macの追っかけ

Mac Proを発注してから6日目になる。ローンで購入したので、その審査が下りたのが2日目の10日だった。毎日アップルストアのサイトで状況を確認して『出荷』のフラッグが立ってからは、いつ到着するのか気が気で無かった。。そしてついに日本に到着したようだ。


アップルのサイトで注文した物件の状況がこのように(上絵)判る。そこに配送業者が『BAX GLOBAL PTE LTD』だと判る。これを手がかりに、配送状況の追跡を始める。お届け予定日が4月17日と出ているが、12日に出荷して17日とは遅い! 今度の土日には弄りたいのだ〜!!
さっそくInternetで『BAX GLOBAL...』なる会社を検索し、たぶん配送番号であろう『HEH7◯◯◯』の番号をトラッキング検索欄に入れて検索。。
あった〜!!

この情報を分析する。4月13日の1時02分(深夜?)に中国の深圳(Shenzhen シンセン)で受け取り、9時53分にホンコン空港をBR0852便で成田に向けて通過。11:13分にタイペイに向けてBR0852便は出発。そしてタイペイから成田空港に向けて14:45分出発、となっている。
ちなみにBR便って何? と思い、調べてみた。どうやら『エバー航空』という航空会社のようでANA当たりと共同運行しているようだ。今回の便は貨物便だと思うのだが、旅行会社のパックツアなどにもエバー航空という便名もある。貨物専門ではないようだ。

と、便名まで判るとなると、成田空港のサイトで到着便の案内やダイヤなどの情報があるはずだ。。
ありました、ありました!! BR2196便が。

定刻19:10着が早まって、18:37分に到着済みだ。すでにこの時点で日本に到着しているのだ。アップルからの案内メールだと、到着前までに配送業者の荷物照会番号をお知らせする、とあったが、たぶん日本国内に入ってからの荷物番号をアナウンスするのであろう。今時点(13日 22:50)まだメールは無い。

が、既に今晩の内に日本に到着したのなら、通関後は配達業者は深夜の内に集荷場までトラック輸送し、明日の午前中には当該地区の拠点まで配送し、その後半日間で配達を完了するはずだ。ということは明日14日の夕方頃には、自宅に到着、と予想する。。成田まで到着しておきながら、自宅到着予定は17日ってことは無いだろう。そもそもどこの企業もユーザーへの告知にはたっぷりと余裕をみている。確かに途中で何が起こるか判ったものではないし、仮にユーザー到着が予定より遅れたら、苦情しか返ってこないのだから防御のひとつでもあろう。
アップルが律儀にも配達日を17日に指定してない限り、明日或は遅くとも日曜日(15日)には到着するはずだ。Mac Proが発注から1週間で手元に届く訳だ。
さてさて、この『追っかけ』、明日にはアップルから荷物照会番号のメールが来るはずで、終盤を迎えることになる。しかし、アメリカ製の物を日本で発注して、中国で生産され飛行機で運ばれて日本に届く。その中身もCTO(Custom To Order==ちなみに今まではBTO=Build To Orderだったが)でまちまちの仕様の物が、発注から1週間で届く。世界は確実に狭くなり、その利便性の向上、生産性の向上は目覚ましいものだ。そんな『世界』を感じた『追っかけ』ではあった。

BlogTopへ戻る