流行りの娘

只今Poser界で注目のFigureが2体。DublinとAnastasiaという名前でほぼ同時に登場であった。Poser的な特徴としてはtextureが緻密であることと、SSSという技法でのリアリティさが際立っている。

120105_Title



まずはAnastasiaさんから。日本人としては呼び難い名前であるが、帝王の女子を呼ぶのに用いるとかで、気品のありそうな名前。今回の登場で話題となった理由は、このFigureはPoser(Poser Pro 2012またはPoser9 ?) の標準付属Figureである『Alyson2』をベースにしているからだ。標準Figureの出来きは全く褒められたものでなく、まさに付属品のひとつに過ぎない存在を一気に目を見張る美人に仕上げられている。

120105_GND_Alyson2

ご覧のようなお顔である。元のFigureであるAlyson2の顔を知っている者にすれば、よくぞ美形に仕上げた、と喝采である。しばらく見とれていると段々と実社会での出来事とすり替わっていき、こんな人が目の前に現れたら、なんでもすぐに『Yes !』と言ってしまうような、日本人にとっては威圧感さえ感じる美人である。
このFigureの作者は『Blackhearted』というハンドルネームで、Renderosityの売り場でのプロモでは『黒心』と漢字入りになっている。
さっそくレンダリングするのだけど、Poserに付属のAlyson用髪の毛を当てがった。

120105_GND

これでもいいのだが、何故かこの髪の毛のレンダリングに時間がかかる。とてもやりきれないので前画像のような髪、Olivia用のを使っている。
そして容姿だけでなく皮膚感を極めたtextureとSSS効果が見逃せない。

120105_Parameter

マテリアルの設定はこんなにも複雑で、正直 見ただけでは何をしているのか判らない。以前にSSSの設定をしてみたことはあるが、それはマテリアル・ルームに備え付けのコマンドを使っただけの簡単なものだった。少しこの辺も勉強しなくちゃ、、ですね。

120105_Alyson_Rendering

レンダリング中の画像のキャプチャーですが、バンプでものすごい肌荒れの状態からTextureを貼っています。このくらいの大袈裟な凸凹で反射による陰影がちょうど良くなるのかも。

さて、もう1体。こちらの名前はDublinさん。こちらもRendrosityの売り場で、『The Metropolitan Collection-Dublin V4.2』として作者Danaeさんが販売しています。

120105_Dublin_Side

こちらのベースFigureはV4、V4はPoser界では超有名人であり数多くのFigureのベースになっている。その中でも可愛らしくまとまった顔立ちではないだろうか。そして何よりも透けるような肌の表現で衝撃的デビューである。これもSSS効果の賜物である。
横顔の画像をご覧いただき、耳の部分が明るくなっているのがSSSの効果である。ちょっと蝋人形的な肌質感に見えてしまうケースもあるけど、ライティングの工夫も大切なところだ。
付属のマテリアルでSSSでないマテリアルを適用させると、

120105_Dublin_Normal

このように単にtextureの色通りの表現しかないから、後はライティングの工夫でなんとかするのが今までの流儀。
で、このDublinさん、この状態だと日本人からすると北欧系の可愛い娘、であるがそんなに顔の彫りが深くもなく外人ガイジンしていない。なので目の色を変えたり髪の色を変えてみると、

120105_Dublin_Brown

あれ!? 辺見えみり に似てない? もうちょっと眉毛を弄れば日本人です、といってもおかしくない。けどね、背が高いんですよ。

120105_V4-Miki2

日本人体型のMiki2と比べるとこんなに違う。まるで人種が違う、いやそうだけど、ほ乳類としての属性が違う感じ。でも実社会でも本当にこんな差があるんですが、PoserのPropsを作る身としては、どうしてもMiki2体型に合わせてしまうんでどうしたものか。。

120105_Hight

背比べをするとこうなる。Dublinさん==V4、Anastasiaさん==Alyson、真ん中に日本人体型のMiki2。典型的な外人顔のAnastasiaさんがMiki2と同じ背の高さで、顔がずっと小顔。反対にそれほ外人顔でないと思ったDublinさんはボディが外人体型。それでも顔はMiki2より小顔。

120105_Finish

これまでV4はあまり弄ってなくMiki系ばかりであったが、衣装やらなにやらが豊富なメジャー級FigureのV4を使う(弄る)メリットは大きい。しばらくの間はこれで遊ぼうと思った瞬間、メインのフラッグシップMacたるMac Proが突然動かなくなった。とても重傷な予感でPoser遊びどころではなくなってしまった。。

BlogTopへ戻る