まだこの状態

今日 休みの土曜日、例のiPod車載化計画の実行日であるが、なんだかんだの用事で、結局全部は出来なかった。。


上の画像は今日現在の、ステージア・リヤシートの状態だ。iPodをコントロールし、車のAV系に出力するharman drive+playの各種ケーブルが接続された状態で、リヤシートにゴチャゴチャと置かれているままだ。この状態でiPodを接続して、毎日の通勤時にiPodからの音楽を聴きながら帰宅の道を走ってきた。一応 作動確認としては十分確認する時間はとれたので、いよいよ各装置を固定することと、ケーブル類のまとめをする段階ではある。
で、今日一日で一気に済ます予定だったのだが、家の用事で時間が寸断され、結局のところ今日は、液晶ディスプレイの固定ブラケットの製作までしか出来なかった。。
そのブラケットの構造は簡単だ。幅20mmのアルミ材フラットバーを使って作る。


そのフラットバーの長さを合わせてカットし、穴を1つ開ける。あいにく手持ちのドリル歯は3φくらいのしかなく、M4のビスを通すためにリーマーで拡大する。フラットバーのエッジ部はペーパーでバリを落とし、角は面取りする。開けた穴も大きめのドリル歯で揉んでバリを落とす。
ちなみにVカットされた板は万力に挟んであり、その万力はパソコン・テーブルに固定して、そこで作業。もちろんMacは停止しているが、なんか精密機械のそばでこんな作業するなんて危なっかしい。。この万力とVカット板は、このような小物製作には重宝するんです。

そしてもう一枚、BRKT(ブラケット)を作るのだが、それは車側の取付ける部分の形状と合わせる。ためにボール紙(が良いのだが、無かったので段ボール)で実物に合わせて型紙を作る。


それに合わせてフラットバーを折り曲げればよい。厚さ1mm+α程度のアルミ材であるから折り曲げに力はいらないが、ダルい曲げRにならないよう万力に挟んで、金属片をフラットバー全体に当てた状態で押し曲げる。
まぁ〜そこまで凝る必要も無いし、どうせ見えなくなってしまう部分だからテキトウで良いんでしょうが、根が凝り性なもんで。。

で、これらを一応塗装をします。といっても一つは金属肌のままで、ペーパーで手製ヘアライン加工した状態のままでも良いんだが、クリア塗装を施す。そしてもう一つは、つや消しの黒。これらを組み合わせて、こうなります。



以上、ここまでが今日の作業。大したこと出来なかった。でも明日いっぱいには完成させないと、相変わらずのリヤシートにゴチャゴチャ配線ではミットモないし、本格的にdrive+playでのリモコン操作が出来ない。

ということで、明日は午前の早い内から車に潜り込み、家の人から用を言い渡されないよう、閉じこもります。

BlogTopへ戻る