クーポンでコレにした

ソフトバンクから発売していた『TV&バッテリー』のリコールで、対象商品を返却しクーポン券を得たので何にしようかと考え抜いた末、iPhone5用のバッテリー内蔵ケースにした。

131231_Title



このクーポン券は『SoftBank SELECTION (オンライン)』で扱っている商品を対象にしているので、iPhone用に限定された商品だけでは無いが、いざ欲しい物と交換できると言っても、何が欲しいのか考えることから始まる(贅沢なのか? 無欲なのか? ハタマタ貧乏性か? )
合計金額1万円相当までなので、ソコソコ選択肢は広いので、寄せ集めて1万円にするか(ここは貧乏性)、多少の差額(オーバー分)を払って一品買いするかも迷うところ。。

131231_view

で、選択したのは、このiPhone5一体型のバッテリー・ケース。外出時の予備バッテリーは持っているが、その使用頻度が多くなったら、購入しようと考えていた一体型バッテリーである。まだ今の所、普通の一日使用ではiPhone5のバッテリーが底をつくことは無いけど、帰宅時はほぼギリギリのバッテリー残量20%くらいになる時もある。予備バッテリーでのチャージングで急場は凌げるとしても、一体型での待ち受け状態の方が遥かに安心感があり、いつかはその使い勝手を知っておきたいと思っていた。
SoftBank SELECTIONで扱っていた銘柄は『TYLT製 Energi Power Case for iPhone5 2500mAh』でカラーは3種類あった。価格は¥9,980と少々高い。amazonで調べると8,000円ちょっとで売っていた。

特徴は、このケースにセットさせる方法である。

131231_add

バッテリー本体とは別にiPhone5に直接被せるケースがあり、これをまずは着けないとバッテリー・ケースと一体にならない。

131231_PickColor

そのケースに3種類のカラーが用意されているのだが、選んだのは蛍光色っぽいグリーン。このカラー物とは別に上画像にある黒のケースも付属しているので、2色の着せ替えもできる。

131231_projection

装着は、この出っ張りと直接被せるケース側にあるスリットが勘合してスライド挿入することでドッキングである。

131231_slit

まぁまぁ合理的な装着法である。普段はこのグリーンのカバーを着けている状態で使用し、バッテリー本体は鞄の中にでも忍ばせておく。必要な時にバッテリー本体をドッキングさせる、という使い方。
バッテリー容量は2500mAhと十分な容量であるが、1度使った様子では、iPhone5側のバッテリー残量が8%くらいのところから装着して、1時間くらいで満タン(でも98%まで)になった。でも本来的な使い方としては、充電中というか装着した状態で即iPhone5を使用し続ける、というシチュエーションか、最初から装着してそのまま使用時間を延ばすという使い方を想定している商品だろう。そういう意味ではまだそのように使ったことは無いので、これから徐々に様子見である。

131231_lightning

コネクターはもちろんLightning、しかも『Made for iPhone』取得で安心感あり。本体の厚さも9mm と許容範囲。

131231_thickness

重さは約95g で、装着するとiPhone5の2個分に近くなるが、それが常時の使い方ではないので許容範囲。
装着した時のマイク、スピーカー部への取り入れ、取り出し口は、

131231_speaker

少し小さめのスリットが一つづつ、ちょっとどんな具合になるか気になるところ。さらにはイヤホーンを接続する際は、

131231_access

アクセスする部分がぶ厚くなっているので、専用のアダプターが必要。滅多にイヤホーンは使わないし、一体型装着が常時の状態でもないので、接続できる、という可能性のレベルで全然OK。

131231_SW

ただ、短い時間 使った範囲ですぐに違和感が感じられたのは、このON-OFFボタンが片手で握り締めた状態で押せないこと。裏側から人差し指で押すのに、ケースの厚さが邪魔してボタンが押せない。。

と言ったところが初期感想ですが、しばらく使ってみないと真価は見極められないのかな? と。
まぁそんなに使う頻度が有っても困りますので、保険のひとつとしておきましょうか。高いモノですがクーポンで手に入ったモノですし。。

さてさて、本年も今日で終わり。このブログも更新回数が減ってしまっていますが、これまでお読み頂きありがとうございました。また来年も続ける予定で、更新回数も増やすべく努力する所存ですので、宜しくお願い致します。
それでは良いお年をお迎えください。

BlogTopへ戻る