些細な事だけど気になるので、、

人にもよるだろうが、小さな事でも毎回遭遇するとワズラワしくなる事は始末したい。MSのOfficeスイート(suite)に現れるPDF Makerなるツールバーを削除した。



言うまでもなく、PDFファイルは便利なもので、それを否定するものではない。ただOfficeスイートで出てくるPDF Makerのアイコン(ツールバー ?) が画面上邪魔でもあり、例えばEXCELでファイルを作る時など、このツールバーの高さ分、ブックの表示広さが狭まってしまう。在らぬ方向へ移動させてその場はやり過ごすのだが、次にEXCELを開くと同じ位置に鎮座し、また邪魔をする。。


他のツールバーは位置を移動させて終了すると、次に開く時はその最後の位置を記憶しており、そこに現れて前回のUIを継承するのだが、このPDF Makerのツールバーはその仕掛けには無いようだ。色々とこのPDF Makerを司る設定の類をメニューなどから探すも、何も見つからなかった。必要なければ毎回赤いボタンを押して消去するしかない。
気になりだすこと既に数年。。こんな些細な事でも邪魔者の度重なる移動・消去処置の手間にも嫌気がさしてきた。
そもそもこれは作成しているEXCELファイルをPDF化する機能なワケだから、使わない時が無いとは断言できない。もしそんな時には使ってみようか、とは思っていたが、今日 試しにそれを実行してみる。


が、こんなコーションが現れ、プリンターが無いヨ〜、と宣う。。 ?? プリンターは接続しているんですけど。。専用のプリンター・ドライバーが必要なのか?
調べる気力もなく、今の環境のままでは使えぬのなら、いっその事外してしまえ、とぱかりにこのPDF Makerのプログラムを探す。


アプリケーションのMicrosoft Office 2004のフォルダーの中にアド・オンとして組み込まれていた。このファイル自体を別の所に持って行くか、ゴミ箱に入れてしまえば良い。

そもそもMacにはPDFにしたいファイルがある場合、基本的に印刷機能があるアプリであれば、何でもPDF化できるのである。このPDF Makerが無くとも不便な状態にはならない。(PDF Makerの全機能は確認できていないので、他に便利な事もあるかも? ですが、、)


Macの場合、ファイルをプリントする、で現れるこのダイアログにはPDFボタンが備わっており、PDFファイルとして保存できる。他にもPDF化したモノでファックスもできるようだが(やったことは無い)、プリンターに送り込むデータを拾って別のファイル形式にするプロセスは、少し昔からファックス送信で実現していたのは知っている。。
であるからプリンター出力機能にこれを応用するのは自然な方法だろう。故にアプリに依存せずアプリ側には印刷機能のみあれば後はMacOSがやりますヨってワケだ。
ワザワザEXCELなりのアプリにPDF化機能をアド・オンしなくても良いハズなのだが、MicrosoftとAdobeはどうしてアド・オンしたんでしょうかネ。。それも今回のワタクシのように普通にプリンターを接続しただけでは実行できない? 使うには他に何かやらねばならない、と手順を踏まないといけない代物のまま。。

いつものようにApple以外の企業が用意する便利機能の中途半端さが見えてしまうのは、ワタクシだけ? すでにMacという濃いサングラスをしているワタクシには他様のやることは理解できなくなってしまったかも、、です。

BlogTopへ戻る