PowerMac G5 の不調

少し前から調子がおかしくなり始めたPowerMac G5が、徐々に重症になりつつあり、ついには起動しないことも。。ここ数日はその処置方法に思いを巡らしている。




不調の初めは、起動してからHDDがコリコリと回って、ディスクトップにアイコンが現れ、システムが安定する(HDDの読込みが終わる)までの時間が異常に長い、ことから始まった。いや、ほんとの最初はまだHDDが回っている最中であることが判らず(周囲の雑音で気付かず)、何かのファイル名を変更しようとした時、日本語入力が効かなかったことだった。


ワタクシは日本語を『ひらがな入力』でする純日本人というか、稀な人種と思われる入力をする。もちろん『ことえり』をひらがなにして入力したのだが、ファイル名は押したキーの英数字になってしまうことだった。すなわち日本語インプットメソッドが効いていない。。
これは起動直後にそのような入力をした場合のみであり、その後に再起動して時間をおいた後には正常に入力が出来たものだから、てっきりインプットメソッドのイレギュラーであると思い、しばらくは様子見としていたが、ある静寂な日に、画面表示後もHDDが回り続けていることに気が付いた。
そのHDDが回るのが終わった後で日本語入力すると正常であると判り、システムを読み込む時間が長い、と知った次第。
その時間は約4〜5分くらいかかる。通常の倍以上か?
おかしいと認識すれども、長い間使ってきたから色々とシステムの読込み量も積み重なってきたのか、と穏便な解釈をしていた(笑)。

それからしばらくして、約10日前くらいからか、PowerMac G5の電源ボタンを押しても、モニターの電源が入らず何も表示されない現象になった。電源ボタン長押しで強制終了し再度電源投入すると正常に起動する。
それがまた、一度の再起動する時もあれば再起動の繰り返しが必要な場合もありから、段々と再再起動が頻発。
それが現在は、3回以上の再起動をしないと立ち上がらなくなった。

そして今日は、さらに不思議な現象(症状)が出た。


起動直後にアップルマークの下に出るプログレスを表す通称『歯車マーク』? のまわりが薄赤く色付いた状態だ。(この画像は後から画像処理した合成である)
この現象はワタクシも生まれて初めて遭遇した。カーネルパニックの画面も見たし、その昔のサッドマックや爆弾マークなどMacが表現する不吉な現象はほとんど見て来たと自負するが、これは何のメッセージなのか?
慌ててデジカメを取り出し撮影しようとしたが、画面は変わり、こんな状態に。。


明らかに故障である。
というところまできてしまい、このPowerMac G5はすでに重症であり何らかの処置が必要である。

というものの、今日のこの記述はそのPowerMac G5で行っている。再起動で無事起動できた状態では無問題である。でももうこのままではマズイ。。
このエントリーをアップしたら、バックアップをとり、明日から手術である。幸い代替機はあるのでエントリーは続けられるので、その様子も順次報告しよう。その手術のための情報もいろいろと集めた。本来ならその原因を特定すべく処置を段階的に実行できれば良いのだが、この際だから、考えられる、自分で出来る、ことを全て投入して術にあたろうと思う。
購入してから約5年半経過した今、PowerMac G5の身も心もリフレッシュさせたい。

BlogTopへ戻る