これが原因だったか?

通話はせぬけど、積極的に使っているiPhone4S。でも圏外からの復帰ができなかったりで、ちょっとイラッッ。。どうにかならないかと思っていたところ、OSのアップデートがあった。

111223_Title



まずはタイトル画の全容を。もちろんiPhone4Sのカメラで撮った風景。サイズ以外には何も弄っていない、撮ったそのままの状態だ。

111223_Camera1

ワタクシ的には何も文句は無い画質である。コンデジでの『iA』だ、『P』だ、『A』だ、と設定を変えるワケでもなく、ただただシャッターを押すだけ。この手軽感が良い。

111223_Camera2

ほぼ同じ所で、もう暗くなった時刻でもう1枚。こんな状態だって、何も弄らずにシャッターを1押しだけ。まぁ〜ガラケーだってカメラ性能は良さそうだし、この点でことさらiPhone4Sを溺愛するワケでもない。
いや逆に、最近気になり出したのが通信品質。繋がりが悪い感が強くなってきた。例えばビルの室内では窓があるので、なんとか3G電波は捉えている。が、部屋を出て階段を歩く所では圏外になってしまう。そのまま階段を下り、ようやくビルの外に出るとする。この間に家に帰るメールを発信準備し、外に出たところで発信する。が、、外に出てもアンテナ感度表示は出なく圏外のまま。
こんなことが何度となく繰り返されていた。最初は『やはりsoftbankは電波が弱いからかな〜』と階段の所で圏外になってしまうことを恨んだ。でも外に出て十分電波を拾える環境になっても、まだ圏外? それは3Gを捉えるより先にWi-Fiの電波を捉まえてしまうからかな〜。。とかとか知ったような素振りで、3G復活に躍起となっていた。一旦このような圏外になってしまうと、電源を落とすしか無かったのだが、それもメンドウなので何か手はないものか、とWeb調査してみると『機内モード』のオン・オフで復帰するとあった。同じような現象にあっている人も多くいるようだ、と知る。

それともうひとつの現象が同じ原因ではないか? と思うようになった。

111223_UL

通勤時にiPhone4Sを弄るためにセットした『Numbers』のファイルを都度iCloudにアップするのだけど ( いや、記入し終わってスプレッドシートに戻ると) このように『アップするぞ』というマーク付きのアイコンになる。ここで通信が確保されていれば、下の画像のようにアップしているプログレスバー付きのアイコンになる。

111223_Now

が、なかなかこのプログレス付きのアイコンに変わらない場合が多い。もちろんiCloudに接続するのだから、3GにしろWi-Fiにしろ通信可能になってなくてはダメだと認識はしている。だから電車が地下に入り込んでしまう前にこれを済ますか、地下から出て3Gのアンテナが立ってからこの操作をするのだが、最初はやはりsoftbankの通信はな〜、、とそのせいにしていた。あるいはアンテナがバリバリ3本(いやもっと) 立ってるのに飛んでいかないのは、『Numbers』のバグ? それとも『iCloud』のまだ不安定さ加減? とアンテナ感度表示を信用しきっていた。

で、例の圏外復帰しなささ、の続きでWeb調査のすえ、
ココでiOSのビルド番号のみがアップしたバージョンアップ情報があった。
曰く、環境設定の『ソフトウェア・アップデート』でも現れないアップデートだと。だからビルド番号の変更(9A405から9A406)だけ?

111223_Before

ワタクシのはまさに該当する現象に会っているので、さっそくアップデート。その手順もいつもと同じではないので、先のサイトの内容を参考にする。

111223_After

で、ようやくバージョン5.0.1 (9A406) になりました。ついでにモデムファームウェアも番号が上がっている。
でも、今日から会社は3連休。このバージョンアップの効果のほどは来週以降の確認となる。どうか両方に効果がありますように。。

P.S
2012年1月19日

だいぶ長い時間をかけて検証していましたが、このバージョンアップの効果は、、残念ながらワタクシの環境では『効果無し』でした。
いつもの圏外になってから、表(建物内から道路)に出てまだ圏外表示のままだ。いつまでも待てないから、『機内モードのON-OFF』動作をしてしまう。OFFにすると3G回線を強制的に切断し、再度ONにすると3G回線を探索し捉えるとアンテナ表示が出てくる。これを確認した後にメール発信すれば確実に送信を始める。メールのたびにイライラしたくないので、最近はすっかりこの動作をしてからになってしまった。いつものこの場所はsoftbank回線の『谷間』なのだろうか。。

BlogTopへ戻る