ShadeデータをOBJに

相変わらず、ShadeのSuperSeven弄りです。Shadeの世界で完結するのなら、何の問題も無いのだが、そのデータをより汎用形式のOBJに変換して、最終的には人間のモデルであるFigureと絡ませてレンダリングまでいくと、見せる絵になる。
ために、ShadeからエクスポートでOBJ形式に出力するのだが、、



これはShadeでOBJ出力したデータを、一旦modoで開いた状態だ。タイヤなどの一部が『面反転』してしまっている。。もちろんShadeのデータの時点で、それぞれの部位が面反転していないかチェックし、反転していれば修正した後にOBJ出力しているのだが〜。

いつもこんな感じで、modoでチェックするとガッカリしてしまう。どうもOBJ変換する際の面反転の法則性が見つけられない。大体はShadeデータの時点で、ミラー反転して生成した部位が面反転している確率が高い、とまでは判っている。が、それをShadeで法線を表示させて確認した上で修正しているのだが??。。OBJ変換すると元に戻ってしまう??
結局、ポリゴンデータを操作し易いmodoで、またまたチマチマと修正作業をすることになる。

でも面反転修正作業って、結構時間がかかる。反転してしまっているポリゴンは、そのままでは選択できないので、裏側にまわって選択しなければならない(エッジ選択から出来る、ともどこかで聞いたことがあったような〜)。で、早く結果というかPoserでの案配を知りたく、このまま無理矢理Poserに持って行く。


もちろん、このように面反転している部位は、黒くなるだけだ。でもOBJ形式で、mtlデータを書き出していると、このように質感も最小限の範囲でついてくる。もちろんShadeで作ったtextureそのものが反映されるのではないが、この色違い毎にPoserでも質感を分けて修正できることになるので、mtlデータは必需品だ。

面反転はしてはいるが、PoserでShade制作のモデルを眺めるのも、一興だ。


これに人間が入った絵柄となれば、絵のストーリー性というか現実感が増すことになるだろう。

さてさて、modoでコツコツ・チマチマと面反転を修正して、早くまともなOBJファイルにして、Poserで遊ぼう〜〜。

Blog Topへ戻る