あぁ無駄だな〜

携帯電話の機種をここにきて、機種変してようやくスマートフォンにした。いや通常の通話用携帯電話の方ですが、もちろんiPhone5も手配してたんですが、同じモノが3台もあるという事態。いつか整理しなくては。。

120923_Title



まずは通話用の携帯電話から。なにせ8年くらい使っているdocomoのfomaのF900iT。さすがに大きく重く感じてきた。家族内が皆なdocomoなので通話はこれを使ってきた。それが家人がスマートフォンに変える、と言うのでこの機会にそろそろ変えようかと思った次第。

120923_XPERIA

で、今時のと言うかAndroid機種は何が良いのか? と予備知識も無いので調べるというか、品揃えをみるとほぼ皆な同じスペックだから、姿形で選ぶことにした。結局あまり大きくもなく、ネームバリューもあるソニー・エリクソンのXperia SX SO-05Dを選択。ただ今人気があるようで、店頭には在庫が無かった。いや前日にネットで在庫があるお店を調べてそこに行ったのであるが、すでに売り切れになったようだ。家人の機種は在庫があったので手続きは進めて、ワタクシのは約1週間後の入荷予定だったので、予約することにしていた。そうただいまキャンペーン中の家族セット割り適用を狙っての機種変だ。。

120923_docomo_New-Old

iPhoneにフォルムが似ているXperia。前のF900iTと比べれば厚さ1/3くらいだ。たぶん他のスマートフォンに比べても小さい方に見える。でも自分的には2ndフォンだから、小さくても良〜いんです。

120923_SONY-Apple

こうしてiPhone(4S)と比べるとほぼ同じ大きさである。(厚さもほとんど変わらない) この写真の比較だけでも両者の違いというかAppleのシンプルさの具現の仕方がスマートであることがわかる。
しかし携帯電話の購入というか契約は全く判り難い。まずはあれほどある料金体系を聞けば、どれが自分の使い方で一番お得なのか当然考えてしまう。その時に自分の使い方をデジタルに特定できないから困ってしまうのがひとつ。そしてキャリヤー側が仕込むアノ手コノ手のオプションなのか抱き合わせ販売なのか『一旦加入して30日間無料で、その後解約すれば良〜いんです』、『そうすれば頭金はそれで充当してタダになります』、、など等確実に頭の中は混乱してくる。

というワケで携帯電話ショップの店頭に行きたがらないワタクシが居る。そしてiPhone5が発売である。
実はiPhone5が登場してどうしようか迷っていた。そんな中、auがテザリングをする、との情報が入り、それが確実であると確認された時、ワガ心はグラッときた。テザリングができることに魅力はあったが、そんなに使う頻度があるワケでもない。iPadとの接続に期待している程度である。いやその前にdocomoのXiでテザリングしようかと機種変に踏み切った理由もある。それがiPhoneで出来ればベストマッチと思ったワケ。そしてテザリングするということは通信インフラに自信がある証拠、と感じた。かたやsoftbankはテザリングに踏み切らない(数日後にやるとしたが)。それはインフラに自信がない現れ、とも映った。それとauの通信状況はどんなものか知っておきたい気持ちも強かった。今のsoftbankの環境だと室内から室外に出た時の受信の更新がうまくなく、一旦機内モードにして回線の強制探索という手順が必須だった。その手間がいらなくなるだけでも拍手モノである。というワケで新しいiPhoneはauと契約するとして予約の手続きをした。14日の夕方からの受付であるが、会社から帰り自宅からアクセスするも繋がらない。当日はあきらめて翌日にするとする。この時はまだ本当に買うか半分半分であり、運良く繋がったら『しょうがない、買うか』的な気分。翌日もダメならあきらめるか〜、的なノリであったが、運良くか繋がってしまったから買うしかない。

120923_au

で届いたのは22日。発売日は21日からであるから比較的早い入手だろう。softbankでインターネット購入したことはあるが、auではどう手続きするのか構えていたけど、いきなり商品が届く。して、電話番号は選ぶ機会もなく決められた番号であった。そう、softbankからのMNPではなくauでの新規契約である。

120923_Pakage

もう馴染んでしまったパッケージ。ソニーエリクソンのXperiaも同様に小型なパッケージだったから、今や携帯電話のパッケージもApple流儀が浸透したのかもしれない。

120923_setting

iPhone4Sのバックアップ・データをそのままiPhone5に引き継ぐ。iPhone4Sの処分はこれから考えよう。契約月は5月なのでしばらく期間はある。その間に身の振り方を考えるというノンキで無駄金使いのキワミである。

120923_iPhone5

しかし、このデザインは益々モノリスに近づいている。特にこのブラックでは厚みの部分も黒いから尚更それを感じさせる。

120923_Tin

厚さが薄く軽いのも、持ってみて初めて良いものだと実感する。iOSも6になって新しくなったが、さっそくAppleに試練である。自家製となったマップの出来が今ひとつだと。

120923_map-1 120923_map-2

縮尺を上げていく途中で、右図のように表現するものが少なくなるスカスカ状態。

120923_map-3 120923_map-4

さらに拡大していくと建物の表現が加わってくるが、すでに最大の拡大。確かにもう少しでも見栄えがほしいところ。写真に切り替えれば絵ズラ的には満杯になるけど、地図として見たい時にはいらない情報だ。
などなど、まだ発展途上の部分もあるけど、新しいイヤフォーンは良さそう。今までのは耳から抜け落ちそうで自ずと体の動きもどこか慎重さが残る。このイヤフォーンは少なくともワタクシの耳形状に合っていてピタリとくる。
このイヤフォーンは同じような形に見えても、左右の指定がある。判り易い識別は、リモコン・スイッチが付いている方が右側である。本体を良く見ればRとLの文字もある。

120923_earphone

もうひとつ気に入ったのはこのケースである。コンパクトにこれまたピタリと収納できるので持ち運びに重宝すると思う。このようにピタリと収納するには順番がある。

120923_ear-1 120923_ear-2 120923_ear-3

右・左どちらかから入れても良いが、左のケーブルを真ん中を通しておくのがポイント。

120923_ear-4 120923_ear-5

その上で右側のリモコン・スイッチを真ん中に嵌めるのである。こうすることによって左右のケーブル長さが合って、以降のケーブル巻付けが適正に行われる。

120923_finish

さて、今手元にはこの4台がある。左上のF900iTはもう電話として機能しないけど、3台はそれぞれ毎月の料金が請求されてくる。とりあえずiPhone4SはiPhone5に置換えられるし、さらにはdocomoとの2台持ち状態もいつかの時点で解消しなくては。。解約金おしさよりも毎月支払いの方を気にしなくては。。

BlogTopへ戻る