BCMか〜ぁぁ

ステージアM35のサンルーフ(ツインで後ろ側)が動かない件、またまた自分では直せそうも無い、と判ってきた。とにかく最近の車は電気系統が複雑過ぎる。

120916_Title



キューブの次はステージアの不具合解決を試みる。普段は全く使うことも無かったサンルーフ。ある日、姪の子供を乗せた時、面白がってサンルーフのスイッチを弄って開けようとしたのだが、開かない。これで初めてサンルーフが動かなくなっていたと知った次第。
して、ウチに帰ってからそのサンルーフのスイッチを操作したが、ウンともスンとも動かない。電気が来ていない様子だったが、一応サンルーフ本体を叩いてみた。最近全然動かしていなかったから、どこか固着しているかもしれないから。。(モーターが回わっている気配がなかったのを確認しているのに、、) 動かないモノの確認で、モノを叩くというのは何か古い人間のようで、ちょっと赤面した。仮に電気が来ててモーターが回ろうとしているのに動かないという現象は、モーターからの駆動軸系にクラッチが入っているので、過負荷でそのクラッチがすべっている状態だ。その場合はすべっている音がして判る。
今回はこのモーター系が動く音が全くしないから、まずは電気が来ていないことを疑う。もっとも軽少な原因というか現象のひとつとしてヒューズ切れをまず疑う。サンルーフのヒューズはどこだ? ヒューズボックスの表示を見ても、それと判るように『サンルーフ』の文字はない。こうなると配線図なりを見ないと判らないワケで、そのためにはディーラーのサービスフロントに聞くしかない。でも話もヘタだし、メイワクがれらると気分も悪くなるので、他の方法を考えた。
『お客様相談室』にメールで質問だ。『サンルーフ用のヒューズはどこにあります?』

翌日には返事があった。配線図をみて調べてくれたようだ。もちろん現車を見ていないので、不具合の原因究明にはお近くのディーラーに相談してください、と書き添えられていたけど。。
で、ヒューズは#6の10Aミラーコントロールと#12の10A電子部品と、ヒュージブルリンクのF/L-6 との回答。特に最後のF/L-6の表示には50A BCM とありそれが気になった。なぜBCMが関係する?? BCMとはボディ・コントロール・モジュールであるが、自分の頭の中ではサンルーフに行くハーネスは電源を取りまとめた所からヒューズを介して、スイッチまで一直線に行っている、と単純な回路しか思い浮かんでなかった。

120916_Install

とりあえず、2つのヒューズを見て切れてないか確認だ。しかし、これが切れていればサンルーフだけじゃなくて、他も動かないところがあるハズだけど。。それも思い当たらない、、とまた懐疑心が出て来るが確認である。

120916_Fuse10

対象のヒューズは今時の形でこんなに小さい。正式名称は判らないが『低背ヒューズ』と言われているようである。しかしこのままでは切れているのか良く判らない。

120916_Fuse_Check

ライトに照らしてようやく中の様子が判る。知らないけど切れていれば、もっと確認しやすく赤いプラスチック部も異変するんでしょうか?
もう一つの方も切れていないこと確認しました。

120916_FuseBlock

この2つのヒューズは同じブロックのここにあります。しかし良くみると同じ青色のヒューズでも一つ大きいのがある。。

120916_Fuse15

それを取り出してみるとこんな形状。低背型とは形状が違うけど差込み口は同じ?? で良いんでしょうか。。ワタクシが知っていたヒューズの形はこの形まで。低背型なんか今回初めて見ました。。

さてさて、ヒューズは切れていないことは確認できました。途中からヒューズ切れは起こしていないと推測できましたが、とにかくヒューズは切れて無く、モーターに電気が行っていないってことは、そうあのBCMが怪しい。その辺の配線図をなんとかWebで探しました。

120916_BCM

どうやらこんな具合のようで、サンルーフへはBCM経由で配線されているようだ。お客様相談室で調べてくれた結果はBCMの入力側にあるヒューズ、ヒュージブルリンクであったワケ。ヒューズはどこ? という質問には間違ってはいないけど、原因究明にはBCMも見ないとね〜、、という代わりにディーラーに行ってね、と言ったつもりなのかもしれない。
う〜ん、、BCMが怪しい。きっとそうに違いない。もしそうだとしたらBCMの部品交換である。たくさんあるだろうコネクターの差し違えをしなければ交換作業そのものは難しくないけど、イモビの再設定などがありそうで、単純な部品交換で済みそうもない。。それにしても何でBCMが壊れた? 不具合はサンルーフだけか? BCM以外にもたくさんな電子部品に溢れてきた自動車である。不具合の原因は物理的なイレギュラーでおこる以外の電子的イレギュラーも加わるワケだ。しかも部品個数の削減とかモジュール化だとかで、一つの電子部品でたくさんの部位ほコントロールしている。その電子部品ひとつが壊れると、影響する部位も広範囲になる。その辺は考えての上での設計であろうから、いきなり深刻な状態にはならないと思うが、壊れたらヒューズ1〜2個の価格では済まないのは明らか。そもそもサンルーフをBCMで何をコントロールしているんでしょうか? 古い人間には想像もつきません。

ということで、このサンルーフの不具合はしばらく『封印』。とりあえず『使っていない』し『閉まっていれば問題無い』し、で『部品代高い』し、でなにもせずとしよう。いつか他の不具合があった時ついでに直すアイテム、として記憶しておこう。

BlogTopへ戻る