壁の中の構造

家の廊下沿いに手すりを付けることになって、その取り付け位置を特定すべく工具を買い込んだ。



壁の中にある柱(間柱というようだ)を探し出す工具であるが、少し昔から下地センサーなるチェッカーを使っていたのだが、その信憑性がイマイチだったので、今回新しいモノを購入。


どうもこの手のセンサーは正確で無い、と思うものの進歩により少しは精度が上がっているだろうと考えた。なにしろ手すりを付けるワケだから、しっかりとした下地にビスを打ち込まなくてはならない。

がしかし、これを使ってみても頭の中は『???』が増えるばかりであった。一応壁面を叩いて音質の変わる部分や、少し強めに押して柱があると思われる部分を想定し、このセンサーで確認をしてみるのだが、ある部分は一面 下地がある、と表示される。叩いてみれば明らかにそこは空洞なハズだが。。
やはり信頼性が無いか〜。。しかたない、次の検知器を購入した。タイトル画像にある『針』をさして柱を確認するモノだ。


テープで囲んだ部分には下地がある。そこから外れると、このように針はズブリと全部差し込まれて、ここには構造材が無いと判る。


下地があれば、このように途中で差し込みは止まる。
この方法の方が確かな方法と思われた。『針』は細く、刺し跡は全く目立たない。本来は石膏ボードなどの壁材向けであろうが、ウチの場合の合板壁でもなんとか使えた。
が、多少無理に力を加えると、とたんに壊れてしまった。


工具の中で『針』が行き場を失い曲がってしまっている。この針を交換するために、替え針が2本付属している。ニッパやラジオペンチを使い曲がった針を取り除き、新しい針と交換である。この作業、少々手こずる。。



この針交換を2回もやってしまった。



一応、この工具のおかげで無事 手すりの取り付けは完了出来たのであるが、替え針の単体でも販売しているが、その内スプリングもダメになってしまうだろうし、半ば使い捨てに近い工具と思っていた方が良いか。。

先の電子式センサーは、どうやら感度が良過ぎたようで、壁の反対側に置いていた家具に反応していたようだ。壁材の厚さによって浅モードと深モードの切り替えがあるのだが、その浅モードにしても壁反対側を検知してしまったようだ。精度が良いのだか悪いのだか。。
またしても、この手のセンサーの信頼性を得ることはできなかった。その原理を知らないから言うが、厚さの変化を捉える技術って難しいのか?
もっと信頼性の高いモノはないものか。。

BlogTopへ戻る