四角を丸に

3DCGのモデリングをしていく上で、便利な機能が数多くあれど、意外な発見から重宝する手法もある。今回のタイトルのそのまま、四角ポリゴンから丸になることから、例のTricycleのディスクブレーキ・ローターの穴開きプレートを作ってみた。



このタイトル画のように、四角ポリゴンにサブデビをかけると丸になるのである。サブデビのレベルを上げていけば、正四角形は真円に近づいて行く。外周だけではなく、このようにくり抜かれた部分もそうなる。
穴開きプレートのような穴をくり抜くモデリングの手法もいろいろある。たぶん最も一般的なのはブーリアン演算でやる方法と思われるが、意外とクセがあるようで、PoserにOBJ形式で持って行く際には、奇麗なポリゴン分割にするために手間が必要だったりする。
或はモデリングでの実現を避け、レンダリング時の透明設定で穴が開いているように見せる手法もある。ポリゴン数を増やさずに実現させる方法として、これも一般的手法かもしれない。ましてや今回のようなディスク・プレートの小さな穴が多数であれば、この手法がベストなのかもしれない。

が、モデリングでの実現に今回は拘ったのである。元々真円がカクカクなローポリでは満足しないタチなので、そこそこのポリゴン数が増えてしまうのは覚悟の上。。ということで、少々無謀とも思えるディスク・プレートの穴開けモデリングである。


穴の基となる四角穴を作るのであるが、正四角形で真円になるのだから、外周部にいくほど長方形になってしまう四角ポリゴンを正四角形ぽくエッジの移動をする。四辺の長さがそれらしく同じであれば構わないだろう。そのポリゴンを削除して四角穴とする。


そして、これも拘った部分であるが、裏表のプレート面に通じる板厚表現にするため裏表の四角形穴をブリッジでつなげておく。これを全部の四角穴に実行すれば細かい作業は終わりである。


この四角穴が一瞬にして丸くなるハズ。。 が、板厚表現のためにブリッジで生成されたポリゴンがあるものだから、


穴の外周部分も内側に折れ込んでしまう。。で、その解決法は『エッジウェイト・ツール』である。これを使えば上の円形穴のように奇麗・スッキリである。


このツールもなかなか重宝なもの。サブデビで丸まってしまいたくない部分の修正に用いる。これを全ての丸穴の外周エッジに100%で適用である。
という単純作業の繰り返しで、そこそこ時間をかけたが、、


四角穴が丸穴に変身である。ところがラジアル方向に細かくポリゴンを分割したせいなのか、外周部に丸みがつかない。。基本形状からして細かくポリゴンを刻んでおくべきだったか?
ともあれ、ここまで出来れば後はどうにでもなる。外周部とスポーク部は別ポリゴンで作って合体。どのみち、これらは質感も違うものにしなければならないので、別パーツで全然問題ない。で、Poserに持ち込んで軽くレンダリング。


後は無数のスジがついたようなtextureを貼付ければ完成である。でもまぁ〜やってから言うのもなんだけど、、ここまで凝るか〜。。

という具合に面白がってモデリングしている『Tricycle』である。細かさの中心部 エンジン・ミッションの作り込みも終わって、こんな状態。



 

残りの大物モデリングはタイヤ・ホィールとエキゾースト・パイプくらいのところまで来た。その後は質感設定に入るのだが、なんとかモチベーションを保ちながらの制作であった。非効率なやり方や構造を想像しながらの制作は、楽しさから辛さに似たところまで追いつめられた。実際の設計業務を経験した身として、物理的にあり得ない・設計的にうまくない構造を避ける頭が働き、代案を探しつつの作業。。まるで本当の設計をしている気持ちにもなったこともある。といってもエンジンなどの設計、ましてやオートバイの設計などしたことは無いから、そこそこウソの形ではあるけど。。


そんなちょっとした苦労をしながらの進行である。まだまだモデリングを100%楽しむ心境にはなっていないが、完成時の達成感を味合うべく、ガンバルか〜。

BlogTopへ戻る