Magic Trackpadを購入

27日にAppleから一連の新製品発表・発売があり、その内の『Magic Trackpad』を速攻で注文し、本日手元に届いた。マウスでは味わえないジェスチャー操作はどんなものなのか? と興味津々であったから。。



ピンチや慣性スクロールなどはiPhoneで体験済みではあるが、最新のMacBookを持たない身としてはトラックパッド上の操作は新鮮に感じていた。それがデスクトップMacでも味わえると言うものだから、飛びついたワケ。価格も6,800円とマウスやキーボードと同じ価格だし、最近Apple製品を購入していなかったので、躊躇無くポチッとな、であった。


届いたパッケージはTrackpadとほぼ同じ大きさのコンパクトなもの。


その中身にはドライバー・ソフトが収まったCD-ROMも入っていない簡素なもの。従ってアップルのサイトにアクセスしてダウンロードするしかない。


この辺も割り切った考えで、今やパソコンを持つ人でインターネットをしていない人はいない前提としているようだ。
して、これをインストールするとシステム環境設定にトラックパッドのアイコンが現れる。


ここで各種設定をするワケであるが、デフォルトではチェックがついていなかった1本指での設定も、


全部チェックをつけてみた。特にドラッグ操作は必須だし、『ドラッグの維持』が便利そうだ。副ボタンのクリックもチェックを入れて、所謂 右クリックも有効にした。これはパッドの右下をクリックする、に設定したのであるが、この操作はタップではなく、物理的に押し込むよう力をかける必要がある。


そうすると裏面のゴム足がストロークする仕掛けで機能する。直前の情報でこの部分が物理的クリックを備えている、と知らさられていたが、なるほどね〜、こういうことだったんですか。。
パッド表面にクリック・ボタンを設置することなく、デザインはあくまでもスッキリ・シンプルに、というApple伝統のセオリーに沿った実現法ということか〜。。


ワイヤレス (Bluetooth) なので単三乾電池2つを収納する。これもいずれはエネループなどの充電式にする予定。その充電式乾電池もAppleから発売されたけど、それはまたの機会にしよう。。
で、Apple拘りの細かい作り込みに注目。電源をONにしてMacとペアリングする際に光るインジケーター・ランプの部分。


この部分が緑色に光るのであるが、虫眼鏡で見てもこの部分が識別できないのである。


どう見ても穴らしき跡もない。アルミ材の梨地処理した表面しか見えない。何も無いのである。点灯している状態を虫眼鏡で観察すると、小さな光の点が密集して直径1.5mmほどの円を構成している。ひとつの点は人間の目では識別できないほどの大きさである。そんな小さな穴を機械的に開けたとは、とても思えない。。どうやってこれを実現したのだろうか?
と、変な所に感心してしまった。

肝心な操作感であるが、当然まだ慣れていないのでマウスとの比較はフェアではない。が、期待していたドラッグ操作の『維持』は便利というかスマートである。しかもマウスのようにクリックした状態を維持しておく力がいらないので、指や前腕の筋肉疲労も起こらない。
実のところ、最近のMacに触れる時間が増すにつれて、腱鞘炎ではないかと疑える症状が出ていた。たいした力を使っているワケでもないのだが、繰返し同じ筋肉を使っているとそんな症状になる原因かも。。指先しか使っていないと思っていても肩から腕全体に力をかけているようだ。
そんなことで、このMagicTrackpadを使いこなして、症状の軽減も期待しているところである。


BlogTopへ戻る