地図を弄る iPhoneにて

元来 地図は好きである。意味も無く知らぬ地を地図上 散策することもある。地図もデジタル対応になって、いろいろと便利に使い回せる時代になった。スタートはiPhoneの地図である。



iPhoneの地図を有効活用する方法はたくさんある。現在地を知るも良し、現在地から行きたい場所のルートを表示したりと活躍する場面は多い。今日はその中から、『ここにいます』メールを発信しようと思う。
iPhoneの地図の基本的使用方法として、『ピンをドロップする』という手段がある。


ドロップされるピンは地図画面の中央に落ちてくる。そして色は『紫』でまだ未確定なピンとしてマークされる。まだ未確定であるから、このピンを触って移動させることもできる。またこの吹き出しの右端にある青色矢印をタップすれば、


この地点に対しての『情報』が表示される。今日は取り急ぎ『場所を送信』ボタンを押すのであるが、その前にTipsをひとつ。。


紫色だったピンは、先の『情報』にて何らかのアクションを実行すると、ピンは『赤』色に変わり、リジットなポイントとなる。それは良いのだが、このポイントが不必要になり、この赤いピンを消去したいのだが、その方法がなかなか判らなかった。アップルからiPhoneの取扱説明書をダウンロードして読んでも出てなかった。
実は、上の画面の状態で上部の検索テキストボックスをタップして、


この画面になったら、『消去』ボタンを押せばいいのである。この方法以外でも消去出来そうであるが、赤ピンの『情報』を開いても『ピンを削除』のコマンドが無いので若干不便。。この方法は赤いピンであれば、どのような経緯で出現したピンでも消去できる。ただ、これだと全ての赤ピンが一度に消去されてしまうので、消したくないポイントは予め『ブックマークに追加』をしておき、一旦消去されても、ブックマークから復活できるようにしておこう。赤ピンを消去する他の方法があるのか〜!?

さて、『場所を送信』である。これを送信して自宅のパソコン、或は携帯電話で見てみよう、という意図である。


同じiPhoneで受信すると文面はこんな感じである。『ドロップされたピン』をタップするか添付されたvcfファイルをタップしても地図画面が表示される。
同じiPhone同士だから相性が良いのは当然。
同じくこのメールをMacで受信しても、出てくる地図画面は、Safariが起動され、Googleマップで場所が表示される。


すなわちGoogle mapの情報がURLに埋め込まれた状態である。iPhoneのマップがGoogle mapをベースにして成り立っているのだから、当然と言えば当然。


そのURLには緯度経度(赤線の部分)が記されている。この緯度経度の数値を使うTipsは次回にエントリーしよう。

で、この緯度経度表示というか、Google mapへのアクセスがオープンなので、iPhoneの『ここにいる』メールはdocomoの携帯電話に送信しても、地図が表示される。


このURL情報が埋め込まれた部分をクリックすると、


インターネットに接続して開きますか? と聞いてくる。もちろんOKとすると、


Goole mapで地図が開くのである。
実は、docomoのGPS搭載機種で、同様な『ここです』メールを発信して、MacやiPhoneで受信したのだが、送られてきたURLはdocomoのサーバー内にある所のようで、MacやiPhoneでは拒否され地図表示には至らない。もちろんdocomoの携帯電話で受信すれば、GPS機能が無い機種でも地図表示は出来る(docomo内サーバーに受け入れられる)。
やはりdocomoの携帯電話は、iモードをはじめ自分の世界の中でしか発展性が無いようである。ちなみにdocomo携帯電話で発信される位置情報のURLを見ると、緯度経度の数値は見られず、マップコードでもなく、何やらdocomo独自に制定した数値が見られる。なんかね〜、、同じことを独自に構築する価値に拘っているんでしょうか? まぁそれも能力として、或はオリジナリティのためには良いことだと思うけど、特にITの分野では情報の『拡張性』、『関連性』が重要になると思うのである。その点ではやはり『ガラパゴス』ある。

という意味でも、スマートフォーン世界標準のiPhoneを弄れるというのは、正当な感性を持つために必要なことである。

BlogTopへ戻る