漆は乾かない

コンソールボックス内の『棚』にウォールナットを使うが、その質感を良くするために、ウッドオイルとツヤ出しに『漆』を使った。


ムクの『杢』ウォールナットは、指定寸法にカットしてもらい、その表面仕上げもカンナで奇麗に削られていたのだが、質感的には高級感が無い。その高級感という感覚自体が、家具など加工されたモノを見ていることによる『既成概念』であるから、本来のウォールナットとは、まさに購入した状態そのままで良いのだろうけど。。

で、最初に『ウッドオイル』なるモノで色を出す。ウッドオイルとは感覚的にはオイルではなく、木の繊維質に浸透して固まる染料みたいなモノである。これで色をつけることで、いかにも木らしく表現するワケだ。いかにも、ってところが先の既成概念ではあるが、その色によっては木としてはあり得ない色にもなるし、濃い薄いの調整で見え方は随分とかわってしまう。


これは塗る前の状態であるが、本当はこの写真よりか、もっと白く見えるのだ。このウッドオイルを水で希釈(水性のモノだった)してほんの少し薄めに塗ってみる。
塗る前の状態で、仮置でコンソールボックスに収めてみたが、


こんな感じで木だとは判るが、なんか味け無い。やはりこれは塗った方が良いだろう。

で、塗り終わった状態が、最初に掲載した画像のようになった、のであるが、ツヤは出ない。前述したが、このウッドオイルは浸透させる顔料のようなモノだから、一般的な塗料と違って、塗料が持つ光沢は付かないのだ。それは頭では判っていたが、実際やってみて色は良いとして、この材料の表面はツルツルなほどに平滑になっているのにツヤが無いのは寂しい。

それも既成概念であろうが、ツルツルの表面はツヤツヤな光沢を期待される。この状態でこれ以上表面を磨いてもツヤは出そうにもない。家具もそうであるが、その表面はクリアの塗装をしているのが一般的なようである。簡単には着色済みの塗料で塗装仕上げで終わらしているモノもある。
人間が手にする木製品では、使うほどにツヤが出てくるが、今回のモノは常時手に触れる部位では無いので、それに期待すべくもない。
で、クリア塗装しようと材料を買いに行ったのであるが、そこの日曜大工店の売り場に、透明な『漆』が売ってあった。木と漆、この相性は良いはずだ。合成物質の塗料よりかナチュラルな仕上げになる、とこれまた感覚だけの判断であるが、その『漆』を購入した。

帰ってからその商品の説明を良く読んでみると、表面には『主原料は熱帯植物中の漆植物から採取した特殊なうるしです』と大きく書いてあったものの、裏面の法令に基づく表示では『合成樹脂』とある。。漆特有なカブレに関しての表示も無かった。。これって本当に漆??
まっ、本物の漆だったら家庭で手軽に塗れるものではないし、それ風の仕上げになれば良いか〜。。

半分騙された気分にはなったが、控えめに塗るとする。
しかし、乾燥するまで冬場では2〜5日間とある。少しでも早くなるように、ドライヤーの熱風を当てて乾かしたのだが、どうやら短時間には乾かないようだ。
で、光沢は出てきた。


でも木目が凸凹な感じになってきた。表面ツルツルと言えども、固い繊維質と柔らかい繊維質の部分があるからであろう。この『漆』が完全に乾いて硬化した後に、1000番くらいのペーパーで磨かないといけないようだ。

ということで、この作業、今日には終わらなかった。。
この際だから、焦らずにじっくりと行こう。全ては質感の向上のため、焦っては台無しになってしまう。

BlogTopへ戻る