iPhone 3Gのゆりカゴ

毎日 電源を入れているiPhone 3Gの、机に置いている間の専用の場所を確保した。いや、場所自体は毎日ここに置く、といった特定の場所はあるのだが、置き放しではなく『ゆりカゴ』に置くようにした。



元来、モノは大切に扱う方であるし、その美しい外観を少しでもキズ付けぬよう、こんなモノを購入した。


これは『assistOn』で取り扱っている『SmartBase for iPhone 3G』というモノ。
このお店ではよく買い物をするのであるが、デザイン・アップされた商品が多く、かつApple製品寄りな商品も多い。


今回も発注から早々に商品が届き、丁寧に封筒に入った納品書が同梱され店側の気持ちが現れた送付が気持ち良い。

この商品はバミューダデザインという日本の企業が作ったモノで、材質はエラストマーゴム。シンプルなデザインであり、単にiPhone 3Gを置くという基本機能しか無いが、『収まり』が良い感じである。


普段はこのように『収めて』置いておくのである。この製品はiPhone 3Gのサイズよりちょっと大きめに作られており、


ワタクシのように『air Jacket』を装着したままでも『収める』ことが出来ることにポイントが高かった。そして充電やMacとの同調時もこの『ゆりカゴ』に収めたまま出来るようデザインされている。


Apple純正のコネクター・ケーブルを使わない時は裏面にきちんと収納される。このケーブルも普段は同調先のMac ProのUSB端子に差したままであり、そのiPhone 3G側のコネクターが煩雑に置かれていた今までより、整理整頓された状態にもなる。


Apple純正のドックのように、収める=コネクター接続、というワケにはいかず、コネクターは手動で接続しなくてはならないが、低重心で置かれる状態になるのもひとつのメリットかもしれない。純正のドック形式はコネクター接続だけで立っているので、万が一iPhone 3Gに強く触れて倒した場合のコネクター部の破損がコワイのである。しかし携帯電話の故障というか破損の一番の原因は、このコネクター接続であるという。無理矢理差し込んで端子部を壊してしまうようだ。故にiPhone 3Gの本体をガイドし、自然とコネクターに接続される構造のドックが良いのであるが、まだそのような製品は無いようだ。。

さて、これを購入してから若干傾斜がついたこの収まり加減と収めたままでのiPhone 3Gの操作をしてみて、なかなか操作感も良いなと思っていたら、このバミューダデザインではiPhone用のアプリも開発していた。


iPhone 3GをMacの10キーボードにしてしまうという『NumberKey』というアプリ。iTunes Storeで扱っているという。ワタクシが使っているキーボードは10キー付きであるから必要ないのであるが、もしキーボードを買う前にiPhone 3G購入とこのアプリの存在を知っていたなら、10キー無しのApple アルミ製キーボードにしたかもしれない。その方が小さいし。。

ともあれ、これでiPhone 3Gの置き場所は確定した。この『ゆりカゴ』の中で惰眠を貪ることなく活躍してもらわないと。。

BlogTopへ戻る