Poserモデリングの入り口あたり

ここ最近は、3DCG Poserでのモデリング制作での遊びが続いている。他に遊ぶネタが乏しいこともあるが、Poserモデリングの本丸に迫る重要な部分への入り口にさしかかったから、集中力も必要な時期なんだ。



今日は上画像のようなリンク部品を動かそうと思う。下の横棒が固定された状態で、青色のリンク棒が回転して上の棒が動く、というモーションである。
が、その上の棒が青棒の動きに応じて動くまでは、まだ実現できていない。青棒2本がひとつのパラメーターで同時に動くこと、すなわちERCの組み込みまでは出来た。
ERCとは、Poserに備わる機能のひとつで、主(パーツ)側で従(パーツ)にしたものをリモートコントロールで動かすことができる。違う言い方をすれば主(パーツ)のパラメーター・パレットで、あるパラメーターを設定して、そのパラメーターを動かすことで、他のパーツ(従)が動く、ということだ。

ERC=Enhanced Remote Control ・・・・・リモコンそのものである。


その詳しい説明や作り方は、Webサイト検索で見つけてもらうとして、そこに辿り着くまでの顛末を少々。。実はワタクシもこのERCについては、Webで調べて、それこそ英文の解説も訳したりで散々時間をかけたのだが、なんてことはない理屈さえ理解すれば、あとはCR2Builderを用いて、ほんの数回のクリックでcr2ファイルに書き込めてしまうのだった。

今回の練習問題であるリンク機構のモデルをmodoで制作する。


わざわざリンクの構成部品を離した状態で作ったのは、後々のPoserでのグルーピングで各ボーンに割り当てるポリゴンを選択し易くするためだ。ちゃんとした形にするには、その後Poser側でも出来るから、極力手間を省くチエも必要だ。
で、さっそくPoserに取り込んで、『セットアップ』ルームに入る。


そこでボーンの組み込みから始まるのだが、ひとつボーンを作った後の二つ目以降は、その前のボーンの終点部分から生成される。であると、今回の場合青棒に相当する部分に個別にボーンが欲しいのだが、ボーンが連続して生成されては都合悪い。上画像で斜めになっている親ボーンに対して、もう一つの子ボーンが並列で欲しいのだ。
従ってこの場合であれば、もう一つの子ボーンを作る前に、親ボーンを選択して(確か赤色に変わると思う)、


そしてボーンを生成したい位置でクリック-----ドラッグすれば良い。


すると上画像のような、見知らぬ『線』が現れている。実はこれが親ボーンに対して並列で子ボーンが出来た証拠なのだが、視覚的にも判り易いようにボーンの始点・終点位置を動かしてみよう。


ボーンの始点とか終点にカーソルを当てると、黒二重丸の印になればクリックしてその点が動かせるようになる。
こうして形を整えると、


形の上からも親に対して二つの子ボーンがあることが判る。親が小さいのは、実は親は今回何も働かないから見えなくとも良いのだ(笑)。
さて後は、構成パーツを本来の位置に配置して、特に回転中心をらしき所にセットすることになる。


で、その回転中心でパーツがちゃんと回転するか、単独で確認してみると、


回転するに従ってパーツの一部がおかしく変形してしまうことになった。。
Poserのボーンは、元々人体を動かすことを主体に考えているから、関節を曲げる、体の一部を傾斜させる、などの動きに筋肉・皮膚もらしく追従するような仕掛けが備わっている。
すなわちJCM (Joint Controled Morph)と呼ばれている機能であるが、多くの人がこのJCMの調整で苦労しているシロモノである。
いよいよワタクシもJCMの制御・調整をするスキル・ゾーンに突入、というワケだ。
が、はたしてこれがその正しき調整法なのか? はたまた論理的な理屈を理解しないまま、弄りの突入ではある。とにかく理屈はさておき、何をどう動かしたら、どうなる? いつものトライ&エラーでの脱出を試みるのである。


回転という動きに応じて、ある部分が変形してしまうのだから、きっとその影響を与えている範囲を変更すれば良いのでは? と考え、『連結パラメーター編集』を開き、ジョイントエディターのダイアログを現す。そこで今回はZ軸まわりの回転であるから、それの『球状影響範囲』を表示してみる。
と、とんでもない位置にその範囲が現れている。この緑(内側)と赤(外側)の円(ではなく球だ)を、このパーツ全体が包まれる位置に移動させ、かつそのパーツがスッポリ入る程度の大きさに縮小した(これがどんな意味を持つかは、まだ判らない。単に他への影響を最小にできるのでは? と思っただけ。。)
で、それだけでは改善されず、緑、赤の角度範囲なる線も変更することで、なんとかなった。この辺の説明もWebサイトでは、いろんなところで説明されている。良く理解しないまま、適当に弄って、


こんな風にしたら、変な変形も起こらずスムースに回転が可能になった。


実のところ、この辺の理屈は全くまだ頭に入っていない。例の如く、とにかく弄り倒して、やってみて、の結果であり、その内 回を重ねるにつれて理解が追いついて来る、というパターンだ。
とにかく単独での回転がまともになったところで、このFigureをライブラリーに登録する。


そして、Runtimeのフォルダから、今 登録したFigureファイルを取り出すのである。


これをCR2Builderで開いて、ERCを記述していくことになるのだが、この部分は省略する。なにせWinでの操作になるので、その様子を画像として保存できないのだ。いや、Winにだってちゃんと画面を画像として取得する方法があることは知ってはいるが、Macほど簡単に取得する方法はまだ判っていない。。
また、CR2BuilderによるERC記述の方法もWeb上でたくさんあるだろうから、ここでは記述を省略してしまおう。

ということで、ERCを組み込んだcr2ファイルを再びPoserのRuntimeに放り込んで、


サムネイルなんか作っていないから、『変なオジサン』マークのまま、これを開き、


『ボディ』に作成したERCパラメーターを回すと、気持ち良い感じで、青棒二本が回転する。
さて、今回はこの二本の青棒が回転するまで、としよう。これが横棒と連結されて、リンク状に動くことが最終目的であるが、その方法はまだトライしていない。それはボーンの組み込みだけでなく、IKなんかも知っておかないとできないかも。。

ということで、Poserでの本格的な動きを制御する入り口に立ったところだ。まだまだ苦労することが多んだろうな〜。。


BlogTopへ戻る