Safariが遅い

ここしばらく前から、Safari (もちろんMac版)が調子悪い。一般的な表現では『遅い』ではあるが、プログレス・バーが進行中に止まってしまう、何か『つっかかる』ような現象である。


ちょっと about Safari を変形しました。。



この現象はアクセス先のサーバーにデータの要求を出して、その返信を待っている時と同じ状況だ。通信速度が遅いか、先方のサーバーにアクセス集中してトラフィックが悪くなってしまう時と同じようだが、自環境はBフレッツゆえ 通信速度に不満は無い。トラフィックが悪い状態もそう毎度あるワケでもない。
また、最近のサイトではアフェリエイトの掲載が多くなり、その表示に時間がかかっているケースも多々あるが、それとも違う。。
この現象では、アクセスしてほとんどデータを読み込んでいない場合、Safariは白紙の状態だし、読み込みの途中で『つっかかる』と中途半端なブラウザ表示となり、精神的に非常にストレスが溜まる。
そんな時はブラウザの読み込みを停止させ、再読み込みボタンを押すと、『つっかかり』が解消されてプログレスが進行する時もある。がしかし、また途中で止まってしまうことも。。


そこで、いろいろと調べて対処法を試みる。
まずはライブラリーから疑わしきファイルを削除する方法。


ユーザー > ライブラリー > Safari にある上図の枠内のファイルを全部ゴミ箱に捨てる。間違って『Bookmarks.plist』も捨ててしまうとブックマークを無くしてしまうからご注意とのこと。その他のファイルはSafari起動後に自動生成されるファイルのようで、要は今までの何らかの要因で処理がループなどしてしまう状況を無くしてしまうワケだろう。
最初にこの処置をした直後は、確かにSafariの挙動は改善されたようにも感じた。しかし良い状況は続かず、すぐに同じ現象に戻ってしまった。
この方法以外には、Safariの履歴を消去する、という対処法もあった。保持している履歴が多いと、その参照に時間がかかるのかもしれない。しかしワタクシはほぼ1日のMac弄りが終わり、インターネット接続を切る時にはSafariの履歴も全部消去するクセがついている。履歴の多さが原因でもなさそうだ。
続いての対処法は2つあった。
   1.ネットワーク環境設定で、IPv6を切る
   2.ネットワーク環境設定で、プロバイダのDNSを手入力する
の二つであるが、2番目のDNSを手入力する、とはどういう事?
DNSとはDomain Name Systemとは判るが、それを手入力するって、何を入力すればよいのやら。。現状値ではDNSサーバー欄にルーターのIPアドレスがグレー文字で記入されている。?? このことでは無い?? 判らずで、この対処法はパス。この辺の仕組みとなると、完全に素人状態だ。(もちろん素人です。。)
ということで、1番目の『IPv6を切る』である。


環境設定から『ネットワーク』を選択し、この詳細ボタンを押すと、


ここでIPv6の状態を選択することが出来る。指示通りこれを『切』とした。

ここまで来て、以前も同じ処置をした記憶が薄らと甦る。でもその後も変化がなかった、のだから今回はこの種の変更(環境設定値の変更)をした場合、かならずMacを再起動してから、そのアプリなりを起動すること、を実行してみる。

というところで、今日の午後から今の夕方時点まで、Safariが『つっかかる』現象は起きて無いようだ。先の通り、アフェリエイトの読み込みで時間がかかっているサイトもあるし、トラフィックが悪いサイトもあるので、微妙に時間がかかる場合もあるが、少なくとも止まりっぱなしの状態はなくなった。
一時はブラウザをFirefoxに変えようか、とも考えダウンロードまでしたのだが、やはりMac党員はSafariに拘りたい。正直なところ100点満点なブラウザとも言えないが、そこそこ機敏な動きで十分な価値がある。(この現象さえ無ければ) すでにversion4もベータ版が出ているが、環境によっては悪さをするベータ版故の未熟な状態のようだ。はやく玉成されて不満なく使える状態にしてほしいものである。

とりあえず、だましダマシでSafariを使って行く。これも試練・知識の向上と思って。。

BlogTopへ戻る