ワイパー・ブレードの交換

ブレーキ鳴きの件はひとまず置き、今度はお手軽にワイパー・ブレード・ゴムの交換をした。以前にこの場でも取り上げたのだが、フロントのワイパー、助手席側をエアロ・タイプにし、そのオサガリでリヤワイパーのブレード・ゴムを交換してみた。



ココでエントリーした時から、ず〜っと助手席側のワイパー交換部品をオートバックスのWebサイトでウォッチしていたのだが、適合サイズの型番は欠品中であった(今でも!!)。。そこで出掛けたついでにオートバックスのリアル店に入ってみたら、、有ったのである。もはや暗記してしまった型番『AM45B』が。。



Webサイトの情報は更新していないのだろうか? いくらなんでも何ヶ月も入荷しないワケがない。他のWebショップでは在庫有り、とあったのでメーカーで生産中止になったワケでもないだろうし。。ちょっとオートバックスのWebサイトには不信感をもった。


ともかくも、これでフロント・ワイパーは両方揃って『BOSCH エアロダイナミクス』になってスッキリした。
で、次はリヤのワイパーを交換しなくてはいけなかった。車検の時にオーダーし忘れたモノで、


すでにブレード・ゴム先端が切れている状態だ。リヤワイパーは雨天時でも、そう頻繁には使うものではないし、一拭きする程度での視界確保でまずは十分であるから、この程度の不具合で騒ぐほどでもない。。
が、この切れた状態で使い続けると『切れ』の進行は早いであろうし、第一みっとも良いものではない。そのままにしておくのは、何も出来ないシロウトさん、と思われるのもシャクだ。
このリヤワイパーのブレード長は250mm。市販の交換ブレード・ゴムには適合するモノは無い。純正のブレード・ゴムを買っても700円ほどではある。『部販』に買いに行こうと思っていたのであるが、フロントを交換して不要となったブレード・ゴムを再利用できるのでは? と閃いた。


ブレード・ゴムの長さはカットすれば良い。細い金属板は元々のモノを利用すればそれはカットする必要もない。


断面もほぼ同じ。(上画像の右側がリヤ用) 目視した時は形状が同じと思っていたが、このように写真で比べて眺めると、若干違うようだ。
が、そうと決めてしまったからにはやるしかない。というより『やってみよう』と軽い気持ち。そもそもそんなに使用頻度も高くないし、ゴムは消耗品であるからいつかまた交換が必要。それまでの間、『みっともない』状態をクリアさせておけば良いかと。。


ゴムの長さを合わせてカット。でもカットした部分は細い金属板の嵌る形状のままだから、そのままであると金属板は溝沿いに抜けてしまう構造だ。


けど、幸いな事にワイパー・ブレード本体の構造が、具合良く仮にその金属板が抜け動く方向に動いたとしてもストッパーの役目をしている。


まぁ〜、それが無くとも、いきなり金属板が抜けてしまうことも無いだろうから、神経質になることでもないが、根が技術屋ゆえに理屈っぽく考えてしまう。

ということで、ワイパー・フレード・ゴム、一石二鳥で目出度く整備完了である。これであと二年は保つ(カモ)。その車検の時にまた交換すればOKだろう。


BlogTopへ戻る