モデリング遊び

趣味として3DCGを弄っている時間はそこそこあるのだが、1つのモデルを長い間 弄っているのも飽きた (笑)。そこで次はどんなモデルを捻り出そうか、と考えあぐんだ。。そして今度はこれにしよう !



Poserで使う小物類のモデリングは、数々作っては来たけど、本格的に作り込んできたのは、このSuperSevenモデル。


Shadeでモデリングしたモノを、ポリゴン・モデルに変換して、以降 modo でそれこそ飽きるほど弄ってきた。そしていよいよ飽きてきたのである。数年に渡ってこれで遊んできたというか、3DCGのモデリングとは何であるか、いろいろとこの制作を通じて学んできたとも言える。ハズかしながら、3DCGの本格的な勉強というものを行って来なかったので、これを弄る度に調べたりトライ&エラーを繰り返しながら習得するという現物主義的な道草学習ではあったが、イロハのイぐらいの所までは辿り着けたのではないか、と思う。。
ポリゴン生成はもちろん、UVマップの作成、ボーンの組み込み、質感の設定、と単にモデルの形状を仕上げるにとどまらず、『動かす』、『見せる』ところまでと3DCGを習得する範囲は意外と広い。使用するアプリにもよるのだろうが、最終的にどうしたいか、どうやって表現したいか、というゴールに辿り着くまでには、単に形状を構築するだけでは済まない、ということだ。
ワタクシの場合のゴールは、作ったモデルを『Poser』というアプリで、人間を絡ましたシーンの画像を作る、というところがゴール。そのために、このSuperSevenのモデルをコツコツと弄ってきたワケだ。
そしてホィールも新調したところで、いよいよゴールかな ? と。。ではFigureを搭乗させて、と。


このシートベルトのモーフィングもたいへんだった。数あるFigure全てにシートベルトできるようなモーフの組み込みまでは断念した。Miki2.0用、サイモン君用しかない。それ以外のFigureはたぶんFigure側の変形・着座姿勢などの工夫が必要だと思う。でもまぁ〜、自環境では他のFigureを使う機会もほとんど無いし、これにて終了である。
車の全景を含めたシーンは、久々に『Gallery』に掲載したので、そちらでご覧を。。ちなみにアルミボディへの映り込みを意識し、『スカイドーム』を使用、地面も水平線らしきものをつけた広大な地面モデルを作ってレンダリングした。少しは金属質感のコツが判ったところまでが収穫である。

というモデリング1年生を卒業して、次のステップに臨むべく、その題材を考えてみた。
用途は同じく『Poser』で使うPropではある。そしてやはり乗り物が良い。Figureと絡めてのシーン作りには、やはりFigureが良く見える方が、面白みがあるだろうから、車でいえばオープン・タイプ。。ということと、モデリングの作り込みも楽しめる、多少メカっぽいモノ、、そして現物があるモノをコピーしてモデリングするのは形状制作には参照するモノがある分、楽なのであるが、厳密にいうと意匠権などの小難しい問題も引きずることになる。このSuperSevenのモデルも行く行くはその点をなんとかしたい。。

と考えた結果、、『トライク (三輪バイク)』英語では『Tricycle』、である。これならFigureの姿は丸見えだし、メカっぽく出来るし、現物が無くてもデザインできそうだし。さっそくにアウトラインを作って構想を膨らませる。


今回は現物が無い分、寸法的にはオール・アバウトで、Figure合わせに徹する。ホイールが何インチだかも考慮しない。とは言え、ウソにならないようバランスだけは注意しよう。


どこから作り込んでいっても良いのだろうが、このバランス重視の点から言えば、大物構成部品の配置から進める。『トライク』はちょっと以前に中高年中心に人気があったと記憶する。自分的にはオートバイにはあまり興味が無かったから、機械モノ好きとはいえ、基本的なレイアウトも想像の産物ではある。何せ足プレーキは右側 ? それとも左 ? といった具合に、これまたWebで検索する有様ではある。なんでもスキなようにモデリングしてしまえば、それでも良いのだろうが、やはり理屈っぽいんでしょうかね〜、、そこそこリアルなモノにしようと思うと、それなりの下調べが必要でして。。


ちょっとエンジン(空冷2気筒の設定) が小さくて迫力が無い。。V型配列をやめて直列にしようか。。と好きなように設定を行えるのは気楽なもんですが、判らないこと、決めかねること、が多くなるとイヤにならないかな〜。。今から有らぬ事を心配しつつ、これまでの修練を発揮すべく、意気込みだけは大きいのである。

BlogTopへ戻る