フリーデータを使う

Poserなど3DCGで遊んでいると、シーンを構成する上で、そのアプリには備わっていない三次元データが必要になるケースが多い。もちろんmodoやShadeなどのアプリで作成することは可能なのだが、その作成時間もバカにならないことから、ついついフリーの3DCGモデルを探してしまう。
Poserの場合であれば、RenderosityやDAZなどのサイトからフリー物を探すのが一般的であろうが、今日はこんな所からデータを引き出してきた。


ココは主に建築設計業のプロを相手にしているであろうサイトである。だいぶ前から建築業界ではその設計に3DCGや3DCADを導入している業界である。そのためのインフラの一環でこのような3Dデータが流通していると思われる。
このサイト・トップページの下段に協賛メーカーのリストがあり、そこに行くと大抵のメーカーがデータの公開をしている。



今回はこの中から『INAX』が用意しているデータをひとつ取出してみた。
各社のサイトでデータが取得できるページはさまざまだが、概ねプロ或はビジネスユーザー用などと表現されているエリアに入り込めば良いようだ。


たとえばここ『INAX』はこのページに入り、『目的で探す』から『3次元CADデータ』を選択する。


後はそこに現れてくる商品分類などから、お目当ての物を選べばよい。
で、元々配布されているデータはCAD用であるので、間違ってもOBJ形式のファイルを期待しない方がいい。CADデータで汎用的な形式となっているDXFファイルがあればしめたものだ。

さっそくその内のひとつのDXFデータをダウンロードして、modoに取込んでみる。PoserでもDXFファイルは取込めるのだが、一応モデリング・ソフトで取込んで、いろいろと調整した方が無難だろう。


これがmodoで読込んだDXFデータ。形状は正しく再現されているようだが、全ての面が反転されてしまっている。また、構成する部位毎にレイヤーで区分けされて現れてきた。


このように何らかしの区分けがされているのは好都合である。これを質感(modoではマテリアル)毎に選別するのに手間が省ける。
DXFデータの互換性(他の3Dソフトでの再現性)はかなりアクが強い。DXF形式のバージョンなどで完璧に再現されることは少ないようだ。今回の面反転くらいのイレギュラーであれば幸いな方であろう。
ということで、modoでの状態でマテリアル選択を質感毎に整理をする。
そして一番厄介なのが、スケールの問題かもしれない。今回もこの洗面台のモデルの幅をmodoで測ると、なんと『1.2Km』であった。3DCG毎にスケールの尺度は違うのではあろうが、このDXFデータをそのままPoserで取込んだとしたら、とてつも無く巨大な洗面台の出現になったろう。
ということもPoser側でも対処する手段は持ち合わせていて、他データを取込む際には、


このようなダイアログが出現し、概ねのサイズ合わせ用に標準フィギュアサイズとの相対比率を調整することで、適当なサイズで取込める。
が、これは良くも悪くもテキトウな感じではある。従ってモデリング・ソフトできっちりと縮尺合わせをしておきたい。
modoでこのモデルの実際の幅寸法に調整し、その後modoとPoserとの尺度合わせをした状態で、modoからOBJ形式での出力をするワケだ。


そしてようやくPoserに取込んだ状態だ。modoで質感まで調整しておくのも一法だが、Poserでのレンダリングを最終目的とするなら、Poser側で質感設定した方が良いと思っている。今回はUVマッピングも使わないで済むからなおさらである。
とりあえず、Miki2も引っ張り出して記念撮影。



この手のフリーデータの使用は、3DCGでのシーン作りやレンダリングに労力低減の効果などあるのだが、データの扱いとして著作権を意識しておかねばならない。このデータを再販したり改変したりしない範囲での活用(レンダリング画の公開など)は問題無いと考えているのだが、データ提供のメーカーも、このような活用は想定していないのかもしれない。
でも、いいか〜。。そのメーカーの商品を暗黙の内に宣伝しているワケだし。。極端にイメージを損なう表現でなければ許してもらえると思うのだが、メーカーでは次のような注意点を記述している。

本サービスのデータ・記述を不特定多数の方を対象に公開・配布を行なう場合には必ず当社に連絡をし,許可をとってください。』

と、畏まれば連絡をしておかないとマズイかも。。
世の中、この手のフリーデータ(無料でダウンロード出来る)は数限りなく存在し、それを紹介しているサイトも多くある。それを提供している制作者側の意思を尊重するのがオキテとも思っている。要は秩序ある社会の実現を乱してはいけないってこと。便利や安易のみを優先しないことだ。
今回はここまでとしよう。

BlogTopへ戻る