iPod touchでのマップ・経路

iPod touchのファームウエア・バージョンを2.2にした。iPhoneでは絵文字やストリートビュー表示など便利度Up大のようだが、iPod touchではそのいずれの機能も享受できない。では、とマップの経路表示を試してみた。



実のところ、iPod touchでのマップ経路表示は、今回のバージョンアップにて実現されたのか、以前よりあった機能なのかはっきり思い出せない。ストリートビュー機能が実現されているか否かを弄って、されていない残念さが残った。



ということで、今更かもしれないが、『経路』表示をやってみた次第。でもiPhone 3Gでの経路表示とも違うようで、徒歩や車などでの移動手段別のルート探索は無く、単に道路上の移動を表示する。しかもWiFi通信可能エリアでのみの実行かもしれない。
それはたぶん、マップのデータ元と通信して移動距離や到達時間計算をしているようだから、である。今回は自宅のAir MacとのWiFi接続状態での試みである。

ではさっそく、その手順などを。


JR有楽町駅を降りて、アップルストア銀座店に行こう、と仮定してみる。まずは降り立った有楽町駅にピンを立てる。


iPod touchでもピンを立てることはできるのだが、ほんのしばらくすると、


『現在地を検出できませんでした』とコーションが出た。iPhoneなら携帯電話の電波情報などから位置検出するようだが、iPod touchではWiFi電波の受信のみだから、しかも自宅のAirMacからの電波ひとつなのだから検出できない、ので当然ではある。でもひょっとして屋外のWiFi多受信場所では検出できるのか?? それはまたいつか確認する宿題としよう。
かまわず進めていき、到着したい場所の入力である。


なお、この画面にするには、予め画面下にある『経路』の選択ボタンを押しておく必要がある。そうすれば『出発』はピンをドロップした場所になり、そこから行きたい場所の入力のこの画面になる。場所の入力は住所・番地を記入するのだが、これも予めブックマークした場所を選択するのが現実的だ。


このブックマークのマークをタップする。するとブックマークのリスト表示になり、


そこから選択するのみである。ちなみにこのアップルストア銀座の場所の特定は、マップの『検索』にて『アップルストア銀座』と入力したら、地図上にここですよ、と表示された。住所を入力することなく特定できるワケだ。まぁ〜お膝元の住所情報であるし、格好のPR情報でもあるから予めアップル側でセットしておいた情報ではあろう。或は有名な固有名詞は登録されているのかもしれない。これまた、追々検証しておこう。。
で、この『アップルストア銀座』を選択すべく、タップした瞬間、経路表示がされた。


『概要』というタイトルで、出発地から到着地までの経路が紫色で表示され、0.6Km 3分 とも表示されている。その速度は12Km/h 歩く速度ではない。この表示もデータ元のサーバーとの通信で取得した計算値なのだろう。すなわちiPod touchと言えども、この『経路』機能を使うにはWiFi環境になくてはならない、と思われる。
そしてこの速度からして通常のカーナビと同じように、車での移動を前提としたルート案内のようである。車の中でWiFi環境に有るケースは、ほとんど稀なので、実使用(車での)には向かないが、全く知らない場所への行き順の参考にはなろう。
でも、この結果のルート順を実際歩く場合では遠回りである。ピンの位置をもう少し南寄りに移動させると、実際歩く場合のルートに近くなるのだが、やはり車での移動を前提としているので、ピンにより近い大通りからルートが始まる。もうひと工夫して、せいぜい2Km範囲内での移動結果であれば徒歩ルートも選択できれば有効なのだが。。
iPhoneを買え、ということか??

このルート結果は、このままiPod touchを終了して、再びiPod touchを起動させてマップ表示する時まで保持されている。すなわち予めWiFi環境下でルート探索をしておいて、出発地点に到着してから、この経路表示をさせる使い方が可能である。
そして車道ルートの案内ではあるが、ルートの分岐点毎の案内もされる。


画面右上の『開始』ボタンをタップするとスタート地点からクローズアップされ、矢印をタップする毎に分岐点の表示になる。



或は、画面右下の『ページめくり』アイコンをタップし、リスト表示することで、


経路の順番が一覧で表示される。



このルート表示は、前述のようにいつまでも保持されているのだが、不必要になったら消したい。カーナビでいう『ルート消去』であるが、それには画面左上の『編集』ボタン表示がされていれば、それをタップし、次に現れる画面で『消去』ボタンが表示される。


これでルート及びピン、ブックマークした地点を含め、全てがクリアされる。

という『経路』表示機能であった。
車にはほとんどカーナビが装備されつつある現代、このiPod touchでのルート表示は徒歩での移動時にこそ活用されるハズだが、それに特化していないことに少し無念ではある。
やはりiPhoneか〜。。

BlogTopへ戻る