フリー配布に向けて

ここ最近、ここにエントリーする回数が少ないが、実は自作の3DCGデータを配布すべく、集中していた。まだ完全には出来上がっていないが、この辺でちょっと事前告知的に披露してみようかと。。



作っているのは、事務所の室内。ちょっと年代が古いビルの事務所、と言ったところ。単純な造形であるが、いざ、人様に使ってもらおうかと考えると構えてしまう(笑)。。PoserというFigure (人間) を主体に扱う3DCGソフトに用いるモノで、その分類から言うと『Props (小道具類)』になる。
この手のPropsやFigure、Clothing(衣装)など様々なモノが有償で販売されているが、それに負けないくらいに有志によるフリー配布されているモノも多い。これまでワタクシもそれらフリー配布されているモノをダウンロードし使わせてもらっている。一時期はフリーとあらば何でもダウンロードして溜め込んでいたものだ。
で、自分でもモデリングをするソフトも扱い始め、自作のモデルもなんとか作り出すことが出来るようになり、ここらで今までのフリー配布されてきた人々にも恩返ししようと、心勇んだんである。

で題材として何が良いものかと、数日間考え込んだ。FigureやClothingなどは先の先であるから、Propsのモノとは判りきっているが、その範囲でも何が良いのかな?と。。PoserはFigure(人間)を扱うものだから、シーンとしては現実社会と同様なシチュエーションが考えられる。またPropsの範囲では、帽子や装飾品などFigureが身に着けるモノもアイテムに入る。。
で、イメージとして強く残ったのが、事務室。ちょっと響きよく言うなら、オフィスであった。現実社会でも一日の大半を過ごしている場所であるから、モデリングのイメージ出しには困らない。また、Poserでレンダリングする際にいつも悩むのは『背景』をどうしょうか、、ということもあった。


背景として使うPropsは出来るだけ『軽い』方が良い。それが元でレンダリングが遅くなっては『足手まとい』である。また事務所という部屋を構成するPropsであるが、Poser上で扱うには『見える範囲』でかまわない。ということで、事務所『コーナー』である。床と壁一面の二面構成でも背景としては役に立つのであるが、元々3次元の空間を作るPoserであるから、ここは奥行きも表現できる三面構成とした。
また、元来 凝り性であるワタクシとしては、窓を作ったなら、それも開閉させたい、それが出来ればシーン制作のバリエーションも広がるハズ。


ということで、全窓・開閉式である(笑)。その開閉パラメーターも値が『0 (ゼロ)・全閉』と『1・全開』の間に制限する。良くあるこの手のモーフターゲットでは可動範囲を規制しないで、どこまでも動いてしまうケースもある。・・・この辺はPoser扱いの人しか判らないかも知れないが。。

と、今までの自分も扱ってきて『気付いた点』をフィードバックしながらのモデリングである。特に背景として部屋を使うと、『天井』があると邪魔なケースが多い。ライティングをセットする際にライトを遮ってしまうし、ライト角度によっては現実的でない影が壁に映るし、天井面用にライトを追加しなくてはならないし、、と。


で、天井もモーフターゲットで必要な時に広げれば良いようにした。
さらには、窓ガラスがある関係で、それに映り込む対面の壁や、ライティングの関係で壁影の切れ目が出来てしまうので、


結局、モーフターゲットのオンパレードとなってしまった。まぁ〜影や映り込みも無い絵作りもあるんでしょうが、出来ない事が多いより、出来る事が多い方が良いでしょ、ってことで。。


こんな具合に、いざ作っては自分でシーンを構成して弄っていると、アレもしたいコレもしたい、状態で時間ばかりが過ぎてしまった次第。
さらにはOBJ形式のモデリングをPoserの様式にして、それを『Runtime』ディレクトリーの『Props』のライブラリーに放り込めば済む、までの所謂『Poser化』を済ませ、その過程で質感も付けて、となにかと手間ひまのかかる作業をすることに。。その作業も馴れれば段取りも良くなるのだろうが、これしきのことで時間を食っていた。。


とりあえず、今の自分としては納得できるところまで漕ぎ着けた。後はどうやって『配布』するか、だ。これもちょっと考えあぐんでいる。ここのサイトにダウンロード・ページを作ることも可能なのだが、いろいろと制限もあったりで。。
初めてのデータ配布を前にして未経験ゾーン侵入中ではある。一度入り込んだらスムースに事が運ぶようにしたいものである。上画像にある書類庫など事務所にある什器備品類のモデリングもそこそこ数があるので、順次配布していければ、と思う今日この頃。

尚、今回掲載した画像にある背景に使った都会風景の写真は『
ゆんフリー写真素材集』からダウンロードしたものです。数あるフリー素材のサイトの中でも、ココ行けアソコ行け、とリンク集サイト風になってなくて、とても利用し易いサイトでした。今回のようなPoserのPropsのtextureに使えると思いますヨ。

BlogTopへ戻る