準備中、、

今日もひとつ、荷物が到着した。iPod touchのフィールド(屋外)での使用に必要なモノと考え、発注していたモノだ。


中身は、
コレ。パワーサポート製『シリコーンジャケットset』である。


この商品はsetと謳う通り、本体をプロテクトするシリコン製カバーと、iPod touchの表面・裏面をキズから守るシートのセットである。



シリコーン・ジャケットの装着は、包み込む感じでハメる。もちろん寸法はピッタリで、ブカブカ感は無い。



とりあえず、今は到着したばかりで、夜更けでもあるので(笑)、iPod touchの表面・裏面に貼るシートは未装着だが、『ジャケット』を着るとこんな感じになる。


色は黒を選んだが、素のiPod touchのひとつの特徴である鏡面仕上げのピカピカ感は無くなるが、手にした感触はすべりにくく、しっとりと手の中に収まる。例の指の跡が無数に残る金属面を嫌う意識なのだろうか、素のまま持つ時は指に加える力が緩まることも含め、これを『着る』ことで落とすこともないほど、しっかりと握りしめられるのが利点だ。
また、これは材質シリコン故の問題だが、細かなゴミが付きまとってしまう点はデメリットかもしれない。でもiPod touchを縦横に使いこなせば、そんなことも気になる事ではなくなるだろう。

細かいところを見てみよう。一応ドック・コネクター部のフタが付属する。


コネクター部に差し込むパーツがある。これを差し込んで、一応の防塵対策になる。



そして、上部には電源スイッチの在り処が判るよう、凸形状の線がある。


さらには、ストラップを付けるための穴が下部にある。


細い糸状のモノをつける想定のようだが、いささか強度面に心配がある。ネック・ストラップで首からぶら下げておくには心配だ。飾り程度のモノをつけておく、アクセサリー的な使い方が無難であろうか。。

これでiPod touchを屋外で使う上での心配事、

●手からすべり落とすのではないか。。
●ちょっと何かに打つけてキズ付けてしまうのではないか。。

といった程度の心配を打ち消してくれるだろう。間違っても屋外使用でのタフネスなプロテクトを期待してはいけない。あくまでも『ジャケット』を羽織っただけなのだから。。
さて、後はこれを持ってフィールド使用を堪能してみよう。それにはWi-Fi通信の契約が必要だが、まずは試用期間の内にテストをする段取りだ。

BlogTopへ戻る