Lightningケーブル

Appleが採用した新しいコネクター規格の『Lightning』。iOS機器に用いられているが、小さくて手に持つガジェット系にはスペース的に有益のようだ。今回はこのケーブルの長さを選んで買ってみた。

130209_Title



この規格のコネクターは何やらAppleの認証が必要だとのこと。端子を似せて作っても機能しない仕組みにしているという。でもすぐにそのプロテクトは破られて、売っている製品も出てきている。何故プロテクトを仕込んでいるかの意図は知らねど、そのプロテクトを破って商売しているというのは、無法性の匂いがする。従来はこの手のアクセサリー系はサードパーティから様々な商品が出ていて、ユーザーとしては欲しいモノの選択肢が多かった。ユーザーにとってはその方が良かった。
ワタクシの身の回りでこのLightningケーブルを使うモノはiPhone5だ。その充電や母艦とのやりとりに使うが、純正のケーブルが付属してくるので、それ1本で賄っていた。

130109_Case

最近Appleの認証を取った製品が出回ってきて、幾種類かのケーブル長さのモノがあったので、その内の0.5mすなわち50cm、機械工学系の言い方では500mm (しつこい?) のモノだ。ロジテック製、エレコムの方が通りが良い? まともなメーカーだ。付属してきた純正のケーブル長さはたぶん1mもの。1本でいろんなシチュエーションに使うことを考えれば、大は小を兼ねる、のことわざの通り、このくらいの長さになるんでしょうね。
でも意外とこのケーブルは固く、長くて余った分の取り回しに落ち着きがない。それが机の上で使う時にはその周りが煩雑に見えるので、気になり出していた。

130109_Cables

比べるまでもなく、いままで何巻かしていたのが、巻き取ることもなくすっきり配索できることになる。このロジテック製のモノはLightningのコネクター部が少し大きい。またケーブル径も少し太い。ノーブランド品はネットで情報を得る限り、コネクター部とケーブルの接合部が弱そうで、そこから壊れているようだけど、これを見る限りでは頑丈そうだ。
価格もノーブランドの安物より高いが、amazonで1,600円ちょっと。メール便でポストに投函されて送料無料だった。

この500mmのケーブルは主にiPhone5の充電用に使う。iPhone5はほぼ毎日(というか毎晩) 充電が必要。別にメールしまくりや、通話が多いわけでもないが、BluetoothをオンにしてたりWi-Fiもオンだから、それだけでバッテリーのエネルギーを1日で使い果たしてしまう。たまに会社のパソコンのUSBから充電する時もあるけど、基本は自宅に帰ったらiPhone5はケーブルを接続して朝までの一晩充電したままにしておく。

根が心配性だから、ガジェットの充電(すなわちほぼリチウムイオン・バッテリー)には注意しておく欠点があるので対策をして臨んでいる。その欠点とは、電池の異常発熱を起こす可能性があり、そのままにすると発火することだ。過去にパソコンなどでそんなニュースを聞いたことがあると思う。もちろん今では電池側、充電側で安全機能、製品管理が行き届いているのだろうけど、完全なモノは世の中に無い。
従って、笑われるかもしれないが、ワガ家でのこの種の充電は、誰か人が家に居る時しか行わない。また居ても寝ている時は極力充電はしないことにしている。で、iPhone5の充電は毎晩の一晩ず〜っとである。

130109_Long

だから、こんな風に金属トレーの中にiPhone5を置いて、これが発火してもすぐさま延焼しないようにしている。また、ケーブルが燃えてきてもトレーの中で収まるようにしている。いや金属でショートする危険性もあるが。そしたらブレーカーが落ちるでしょ。いやいや細いケーブルが一気に燃焼でしょうか。。
で、この付属してきた純正ケーブルが長過ぎて無駄にトグロを巻いているのです。これを何とかしたかった。

130109_Short

こんな具合にスッキリしたワケです。これならケーブルが燃える状況にも工夫できるかもしれません。

こんな具合にケーブルの長さを適切に使い分けることも良いことでしょう。いつまでも大は小を兼ねる、で不便を強いたりもったいがったりしていては、ダメですね。。

130109_Finish

そして次に狙っているのは、同じシリーズで出ている100mm長さのケーブルです。それはたぶん予備バッテリーを買うことになったら検討することになります。そう今iPhone5用の予備バッテリーが欲しいなと購入意欲と、購入理由を補強しにかかっているところなんです。

BlogTopへ戻る