iPod touchのアプリ追加、少し手間取る

iPod touch用の新しいアプリを追加するには、iPod touchのファームウェアを1.1.3にアップグレードしないといけない、とは認識していた。まず、それは行なったのだが、それだけでは済まなかった。。



結論から言うと、アプリ追加するには以下の環境下でないとダメ、であったのだ。

1. iPod touchのファームウエア・バージョンが『1.1.3』であること。
2. iTunesアプリのバージョンが『7.6』であること。
3. MacOSが『10.4.10』以上であること。(だったかな?)

この2番目のiTunesアップデートを実施していなかったことで、今回少々困惑したワケだ。

すなわち、追加アプリの在り場所をiTunesの画面から探して、これだろうとクリックして現れる画面にダウンロードらしきボタンは無いし、その画面右下には『後で通知』のボタンと、左には『NoThanks』しか無い。『後で通知』とは何? ワケ判らずにクリックしたところで、画面も何も変わらない。。
いろんな入り口から試すも、この画面にしか辿り着かない、という繰り返し。。


しかも、赤字の英語表示で、ある一部の地域ではまだダメですヨ的な表示もあったりで、まだ日本ではダメなのか、とも頭の中を過る。アップルのサイトも確認したし、すでにアプリをダウンロードした人のサイトを確認しても、日本ではダメとの言葉は無い。

で、しばし頭を冷やしがてら別件でシステム環境設定の『ソフトウェア アップデート』をかけると、他のアプリなどと共にiTunesもバージョンアップがあった。
先のiTunes ストアでの画面でも追加アプリを実行するには、要iTunes7.6の注意書きがあったのだが、自環境のiTunesのバージョンを記憶していなかったので、MacOSバージョン=OK、同じくiTunesも最新! しかるにiPod touchのバージョンアップだけだ、と思い込んでしまった次第。

という思い込みいっぱいの状態で、事がうまく進まないとなると、何が悪いのか? いや相手が悪いのでは? と在らぬ方向に疑惑を持ち始め、なおさら手間取るのである。

ということで、iTunesのバージョンアップも済ませたところで、先のiTunes ストアの追加アプリの画面に入ると、『ダウンロード』というボタンが現れる。従ってそのボタンを押すのであるが、通常の楽曲の購入とは様子が異なる。ダウンロードが完了しても自動でインストールされるプログレスがない。



ここで手順がこう書かれていた。今度こそ一つ一つの語句を忠実に実行しようと慎重になる。




iTune画面の左サイドバーに現れる自iPodを選択し、概要タブにして右下にある『同調』ボタンを押すことで、インストールがされる、と説明がある。が、確かダウンロード直後にその自iPodを選択しても、元の追加アプリ・ダウンロード画面に戻ってしまう、と記憶している。ここでもう一度『ダウンロード』ボタンを押してしまうと、2度購入したことになってしまうかもしれないので、要注意だろう。

で、一旦iTunesを終了させて、再びiPod touchを接続させてiTunesを立ち上げる。そこから自iPodを選択してみると、かの『同調』ボタンがあるので、それを押す。
これでようやくiPod touchに新しいアプリが送り込まれ、『メール、メモ、株価、地図、天気』のアイコンが現れた。



と、まぁ〜こんな感じで、いつものダウンロードと違った感触で、久しぶりにタドタドしくも、ドタドタとしたインストールであった。
では、さっそく新しいアプリで遊んでみよう。。

BlogTopへ戻る