QuickTimeで画面収録

下のエントリーで書いた通り、さっそくに『画面収録』を実行してみた。それは単に収録するだけでなく、それをどんなシチュエーションで見るか? まで一貫して映像を扱うことも備えている。



一貫して、とは少々大袈裟かもしれないが、コンピューターで扱う情報形態の一つとして『映像・動画』まわりのインフラの整備が進み、外部からの映像取得、視聴が容易になってきた背景もあるのだろう。すなわちYou Tubeや、Appleの世界ではあるがMobileMe、iTunesへも簡単にアップロードする手段がQuick Timeに備わったワケだ。メールに代表される『文字情報』、デジタル写真に代表される『画像』、それらを『1次元』、『2次元』と例えれば、『映像・動画』はさしずめ『3次元』とも言えるかも。その次元が高くなるほどに情報量が拡大し、伝えられる量も確実に増えてきた。情報源として『映像・動画』が個人で普通に扱える時代になった、他人にも普通に伝えられる情報となった、という感がある。それをQuick Timeはさらに後押しする機能を持ったと言えるのではないか。

さて、前置きはさておき、『画面収録』である。その収録自体は簡単である。


QuickTime (Player)を起動してメイン・メニューから『新規画面収録』を選択する。するとここのタイトル画像にある小さなダイアログが画面左上にあらわれ、その真ん中にある録画ボタンを押すだけである。ちなみにその右下にある三角形のボタンを押すと、


マイクはどうする? 品質の程度は? そしてどこに保存する? とかが選択できる。保存先はデフォルトではホーム・フォルダの中の『ムービー』フォルダが選択されている。そして録画をスタートさせるべく録画ボタンを押すと、


このコーションが現れ、録画終了の仕方が表示される。そしていよいよ『収録を開始』である。後は見せたい画面の操作を実行する、その操作に没頭するだけだ。


で、録画終了するとさっそくに画面いっぱいに今 収録した映像が現れ、その場で確認することになる。『画面』=モニターに映る全部、の収録であるから画面いっぱいの大きな映像サイズである。そしてメイン・メニューの『編集』から、


『トリム』を選択する。このトリムは画面全部ではなく見せたい部分の範囲をトリミングするのではなく、一連の映像タイムラインをトリムする、という意味である。


この『トリム』を選択すると映像下部にタイムラインが現れるので、例えば最初と最後の映像部分を削除する、などの使い方になる。全画面を部分的に切り取れればもっと良いのだが、裏ワザでもあるんでしょうか、、無理かもネ。
保存は自動で、この大きなサイズの映像のまま保存先と決めたフォルダに保存されている。或はメイン・メニューにある、


『Web用に保存...』を選択すると、見る側の装置に応じたバージョンで保存することも可能だ。


現れるダイアログに従って選択すると、


『ムービー』フォルダにひとつのフォルダが作られており、その中のHTML形式のファイルを開くと、


生成された映像ファイルをどのようにホームページに貼り込めば良いか、などの説明文があり、戸惑うことが無いよう配慮されている。

或はこの映像を『共有』という言葉でダイレクトに公開する方法もQuick Timeのメイン・メニューには備わっている。


『iTunes』、『MobileMe』、『YouTube』へのアップロードが直接ここからできるのだ。
では、『YouTube』へのアップロードをやってみよう。あまり意味も無くYouTubeの会員登録していたが、初めての投稿である。


するとこの画面になり必要事項を記入するのであるが、今回の場合カテゴリー選択に迷ってしまった。


YouTubeの全カテゴリーはこんな括りになっているようで、テスト・アップロードにしてもきちんと選ばないとダメか〜、、どれにしよう。。

アップロード中

YouTube側で処理中

アップロード完了

アップロードの経過を示すダイアログが出て状況も把握できるのだが、YouTube側の処理に少々時間がかかった。そして最後には投稿した映像のURLが返ってきて終了である。やったことは無いがYouTubeサイトにてアップロードするより、その場で済ませられる分、簡単かなと。。


無事というよりか、何の支障もなくYouTubeにアップロードした映像が現れた。あとはこの矢印部にあるURLか『埋込み』の情報を仕入れてホームページに組込めば良い。
しかし、このホームページは『Rapid Weaver』を使い、HTML構文直接では無い形で作成している。その場合headだbodyだと意識することもなくやっているので、このような埋込文をテキストの途中にペーストするだけでOKなのか? 検証もしていない。さて如何に。。


 
一応このページを公開する前の『書き出し』のプレビューでは、YouTubeの映像埋込みはOKであった。これでこのホームページでも映像を扱えるひとつの手段になったし、前エントリーで天にツバしたPoserでの動きを伝える約束も果たすことができた。。
前エントリーの続きで言えば、Poserではアニメーション作成も出来るので、作ったFigureの動きを見せるにはアニメーションを作って、その映像をホームページに貼付ければ事は足りるのである。が、アニメーションを作る、映像を加工・調整する、ホームページに貼付ける、といったあまり馴染みのない作業をすることになる。それは出来るかもしれないし、実行する苦労でスキルを広める事にもなるが、今有るスキルですぐに映像を扱うならば、この方法が一番簡便だと感じる。
これがすなわちインフラが整ってきた証拠でもあり、それを実現すべく万人が扱えるシームレスな手段(Quick Timeというアプリ)が登場したこともあり、映像でのやり取りが個人間レベルの域に達した、と感じる次第。
いや単にワタクシがようやく今 映像をホームページで取り扱えるようになって、遅れて来ただけではあるが。。

BlogTopへ戻る