巨星墜つ

本日の昼に、AppleのSteve Jobs氏が亡くなったことを知る。突然の訃報であった。

111006_Title



そのニュースを見た瞬間、また悪い冗談かと思った。
が、Apple社がそう発表した、というので、アップルのサイトを開く。

111006_Apple
アップル・サイトのトップページ(2011/10/6) の画面

1955 - 2011とあるではないか。。

111006_iPhone
アップル・サイトの画面


まさに突然の訃報。
昨日はiPhone 4Sなどの発表があり、Jobs氏の後任としてクックCEOが初めてのプレゼンをした日。そのバトンタッチを見届けたが如く、この世を去った。体を悪くした時から適格な後任者選びを迫られ、その者に任せて肩の荷がおりて楽になり気が緩んだのだろうか。あまりにも急である。

製品に強い拘りを感じさせ、それも数段高いレベルで昇華させた製品作り、ソフトもハードも考え抜き、万人に物を使う楽しさ、持つ満足感を与える商品を生み出すApple社は彼あっての成功だったと、誰もが認める。
これからもその精神を宿し、発展していってほしいものである。

1ユーザーとして、遥か遠いところからではあるけれど、『ありがとう、ジョッブスさん』と言いたい。

心よりご冥福を祈ります。合掌